スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
--/--/--(--)
スポンサー広告

A-36.気づいた!iOSアプリの審査待ち日数が最近とても短い!

さて、IPhoneアプリの公開本数も12本になりました。
一覧はここからみてください。

「アプリを作る作業」としては、簡単でシンプルな機能のものしか作ったことがないので、
まだまだ初歩レベルを脱せていないとは思いますが、
「アプリをリリースする作業・Apple審査に通す作業」としては、
本数を稼いでいる分、もう結構中級レベルの域なんじゃないでしょうか?

今回外注作戦(こちらの記事参照)を開始して、9月に1本、10月に2本と3つのアプリを出しましたが、
これだけで公開までに5回審査に落ちています。
そうです!
「アプリの審査に落ちること」に関してはめっちゃ慣れてきた!
というかこれに関しては経験値高い方なんじゃない?
初級でも中級でもなく、ベテラン級じゃない?私。
落ちる経験値、ベテラン!
今回こそ3アプリ5回で済んでますが、iOSアプリ始めたばかりの最初の数本に関しては
1本あたり5回も6回も落ちてるからね!(諦めたこともあるよ!)


そんなiOSアプリの審査に落ちる経験値が高い私が最近気づいたことがあります。
iOSアプリの審査待ち日数、最近すごい早いよ!
ということです。

去年くらいに審査・公開をしたときのスケジュール感ってこんな感じでした。
2015年10月の記事です。
D-5.AppleStoreにアプリを登録・審査待ち~審査中~販売準備完了までの期間と流れ

審査に提出してから「審査開始」というステータスになるまで10日もかかっています。
審査開始から終了まではそんなでもないですが、
ただただ行列に並ぶだけの「審査待ちタイム」が長かったんですね。

今回は3アプリとも「審査待ちタイム」が1〜3日くらいでした。

例えばこんな感じ。

20161111002.png

2016年10月22日 23:58に1回目の審査に出して
2016年10月25日 1:04には審査が開始しました。

で、すぐに結果が出て、1回審査に落ちて、直して

2016年10月25日 19:18に2回目の審査に出して
2016年10月26日 5:01に審査開始しています。

めっちゃ早い!

私は土日に活動することが多いので(平日昼間は会社員です〜)
たぶんですが、土日挟んだりしなければもっと早いんじゃないでしょうか。

素晴らしいですよね〜!
だって審査2回落ちたら、修正タイムを含めなくてもそれだけで20日くらいかかってたのが、
いまだと数日で済むようになってます。
これ、待ち時間が長いってだけで挫折につながりますよね〜。
この差はでかいです。
ありがたやありがたや。

Appleさんが審査担当を増員して待ち時間を減らしてくださったのか、
もしくはアプリじゃ稼げないと気づいた人たちが撤退して審査に出されるアプリの数が減ったのか?
たまたま今だけ空いてるのかもしれません!
アプリ出したい人で審査苦戦しそうな人は今がチャンスかもしれませんのでがんばってください!
スポンサーサイト

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。