スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
--/--/--(--)
スポンサー広告

A-35.弱小開発者は「無料アプリ+広告」で稼ぐのは諦めて別の道を模索すべきという話

何度も説明しましたが、
これまでアプリ開発関連で得た収入をほぼすべて使い
「私がもう一人いたらいいのに・・・」「デザインセンスのある私がいたらいいのに・・・」を金の力で解決するという、
「面倒なところやスキルの及ばないところは外注しちゃおう作戦」を決行して3つのアプリができました。
(予算10万円は使い終わって、内訳は計算中ですが、また別の記事でご紹介しますね。)

おさぼりママの献立記録(iPhoned版)
おさぼりママの献立記録(Android版)
app002.pngapp001.png

冷凍できる・できない事典(iPhoned版)
冷凍できる・できない事典(Android版)
0002 (3)0001 (3)

大人女子向け情報メディア「ホットガールズ」iOS版
大人女子向け情報メディア「ホットガールズ」Android版

twipro2.png



さて、毎月の収益報告のときも何度か書いてるんですが、(爆発的大ヒットならともかく)徐々にDL数が伸びて行ってもアプリ広告のクリック単価が下がる傾向にあるので、全然収益が上がっていかない、という現状があります。

2~3年前なら、弱小アプリでも、似たようなのを5個リリースしてDL数が5倍になれば、収益も5倍になっていました。(それが月10円から月50円という低レベルだとしても!)
今は新しいアプリを出してDL数がちょっと上がっていく傾向にあっても、収益はほとんど上昇しない状況です。

nendの単価が下がっているから他の広告に乗り換えたほうがいいのかな?とも思ったんですが、
どうもそういうことではなく、アプリの広告全体としてそういう傾向みたいです。


こう言う傾向は今始まったことでなく、前からなので、何度かいろいろな試みは試していて、
まず、発想を変え、CPC広告にプラスして、CIP広告を入れる、ということにチャレンジしたことあったのですが、
19-1.いい機会だからマネタイズをちゃんと考える(CPI広告に挑戦するよ
appcCloudさんが、(私の上げた収益が振り込まれる前に!)CPI広告から撤退しちゃったりしてヒドイ目に会いました。
19-21.appC cloudが広告事業辞めちゃうって!収益貰えるのかな?!


これもたまたまappcCloudさんが悪かった、というわけではなく、Appleさんの方針として、CPI形式やちょっと変わったアプリ広告はどんどんリジェクト対象にしていく傾向にあるため、どこの広告配信業者もそっち系を縮小したり撤退したりを余儀なくされているという流れにあるようです。
こうう感じ↓のリジェクト対象がどんどん拡大して行っている、って感じですね。
Z-1.AppleのiOSアプリ審査「ガイドライン2.25」リジェクトの対策(appcCloud広告要注意!)


というわけで、「爆発的大ヒットで大儲け!」を狙っているならともかく、私のように弱小ながらもコツコツ収益を上げていこうという方針の人にはもう「無料アプリ+広告」のモデルはもう合わないでしょう。


世の中のヒットしているアプリを見ても、やはり「ゲームは無料アプリ+課金」「ツールは有料アプリ」が主流ですよね。こっちに寄せて行くのがいいと思います。
なので、私くらいの弱小開発者さんたち!そっちに移動しましょう!

ゲームアプリ派なら、課金!アプリに簡単に課金の仕組みを組み込めるサービスを提供する企業さんは増えてきました。monacaで使えるものも増えつつあります。

ツールアプリ派なら「無料アプリ+広告」は一応出すけど、それに機能を盛りだくさんに追加した「広告なし有料版」も一緒に出しましょう!


もう私たちの生き残る道はそのそれしかありません!!!!
さあ!!!!さあ!!!

----------------------------------------

はい、王道のおすすめをしました。
そんなこと弱小開発者のみなさんは言われなくても気付いてますよね。

課金してくれるほど良いゲームが作れてない!有料アプリにするほどハイレベルなアプリ作れてない!
で、断念しているんですよね。知ってます。
私もソレですわ。


で、【第3の道】を考えた!


この前こういう記事書いたんですけど。
A-28.アプリを公開してから人を集めるのではなく、人を集めてからアプリを公開する作戦
その後の流れです。


WEBサイト(SNSでもメルマガでもセミナーなどのイベントでもなんでもいいんですけど)で人を集める
→その人たちに向かってアプリを作って公開する
→アプリがたくさんダウンロードされる!


これが上の記事で立てた作戦でした。
で、そこそこ(低レベルですが私のこれまでのアプリよりは、という意味)上手くいっています。

でも、ご存知の通りというか予測通りというか、現実はこうですね。


WEBサイトで人を集める
→その人たちに向かってアプリを作って公開する
→アプリがそこそこダウンロードされ、気に入った人は日常的にアプリを起動してくれる。(ワーイ!)
→たまに広告がタップされる、タップされる回数もそこそこ増えた!(ワーイ!)
→でも広告単価がダダ下がりなので月の収益に変化なし!(えー!モチベーション下がるわー!)



単価が下がっていることはリリース前から知っていたので、これはなんとなく予想していました。



でもせっかく外注予算をかけて作ったアプリなのでそこで終わりにはしたくないです。ちょっと新たな試みをしてます。

人を集めたWEBサイトにアプリをダウンロードしてね!ってリンクさせるのはそうなんですが、
アプリ側にもそのWEBサイトへのリンクをつけたわけです。
第3の道を模索するために付けてみたんですよ。


これ、メニュー画面なんですけど。
20161021004.png
上ふたつはこのアプリのメインの機能ですわ。
ほいで右下はアプリの設定を行う機能です。
で、左下の「献立作成のコツ」っていうの、ブラウザをひらいて、WEBサイトに飛びます。
読み物コンテンツをアプリの外に置いた。

アプリのコンテンツの一部だけど、ブラウザで開く。WEBサイトへのリンクを大々的につけたわけです。


うちのサイト、サポートURLはこちらよ、って感じでこじんまりつけるんじゃなくて、もうこれはアプリの主要コンテンツですけど!!!!って感じででっかくつけた。

何をしたかったかというと、こうです。

WEBサイトなどで人を集める
→その人たちに向かってアプリを作って公開する
→アプリがダウンロードされ、気に入った人は日常的にアプリを起動してくれる。(ワーイ!)
→たまに広告がタップされる(これは減収傾向・無視)
→たまにWEBサイトに移動する。


という流れも作るわけです。


WEBサイトからアプリに移動する人々の流れ
アプリからWEBサイトに移動する人々の流れ
相乗効果ですね。
同じ人が行ったり来たりする、でもいいし、双方から新規で入ってくる人が増えるでもいいし。
ファンが増えるとか、WEBサイトやアプリを開く頻度があがるとか、そういう流れを作るわけです。

で、
【最終的にWEBサイト側のアフィリエイト広告で収益を得ましょう】
という作戦です。


WEBサイトなどで人を集める
→その人たちに向かってアプリを作って公開する
→アプリがダウンロードされ、気に入った人は日常的にアプリを起動してくれる。(ワーイ!)
→たまに広告がタップされる。(これは減収傾向)
→たまにWEBサイトに移動する。
→たまにWEBサイトの広告がタップされる。(収益が上がる!ワーイ!)


※アプリ広告のクリック単価はダダ下がりですが、WEBサイト上の広告単価はそれよりは安定しています。


別にアフィリエイト広告じゃなくてもいいんですけど、とにかく
「アプリ外で人を集める(アクセス数があがるなど)→アプリをダウンロードしてもらう→アプリ外でさらに人があつまる(アクセス数があがるなど)」
みたいな流れにして、【アプリの外で収益を得る方向でマネタイズしたら?】って方法です。


人を呼ぶツール、ファンになってもらうツールとしてアプリを使う。
他で儲けましょう、という方向です。



既に部分的に成功(だいぶ小さい成功ですが)しているんですよね。

例えば、こちらの記事でも書いた通り、
A-25.引退目前だった個人アプリ開発でモチベーションもクオリティも上がったわけとは?

ここ1年くらいアプリの広告の収益は全然上がってきませんし、このブログのアフィリエイト収益も数十円数百円とかそういうレベルなのですが、ブログを見た人から別途お仕事などいただいたりできて、「予算10万円」が集まったわけです。
いわば、アプリを間接的に使っていただいたお仕事で収入が発生しているわけです。


あと、「冷凍できる・できない事典(iPhoned版)」「冷凍できる・できない事典(Android版)」を出してから、「ブログ版の冷凍できる・できない事典」のアクセス数も伸びました。

ブログの広告は順調に収益を上げ続けています。(順調と言っても金額はだいぶ少ないですが、アプリ広告と違って、アクセス数が2倍になれば収益も2倍になるのでモチベーションが保てる)


そう、既にアプリ広告(アプリによる直接的な収益)より、こっち(アプリによる間接的な収益)のほうが儲かっている(もしくは儲かってないけどモチベーションはキープできる)よね?アレレ?ってなってたんですね。


だから、全国の挫折寸前弱小デベロッパーのみなさん!!!!第3の道、おすすめです!!!
アプリを間接的に使って稼ぎましょう!!!

さーてこの作戦がどうなるか、こうご期待です!うまくいきますように。なむなむ。
スポンサーサイト

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村

第二の道、有料版を出すのはお勧めできません。たいしてダウンロードされない割に、無料版と有料版の両方をメンテしなければならなくなってしまうからです。
自分の場合は、広告をnendからadmobに変えたら劇的に収益が改善しました。相性もあるかもしれませんが、広告モデルもまだまだいけてます。
by: furusawa326 * 2016/11/18 06:45 * URL [ 編集] | TOP↑

-----------

furusawa326さん
コメントありがとうございます。
二重管理の側面は確かにそうですね!
少ない人数のためにメンテナンスが倍になるというのは大変そうです。

admobをMonacaで使うにはゴールドプランに入らなくてはいけないので除外して考えていましたが、Monacaユーザでないのであれば広告を切り替える案もありかもしれませんね。
情報ありがとうございました。
by: Riri * 2016/11/18 11:38 * URL [ 編集] | TOP↑

-----------
広告収入があって羨ましい
こんにちは。
アイフォンアプリの広告収入ページから入りました。
かなり広告収入があって良いですね。
私も広告収入を得たくてADMOBを入れてますが、広告収入がない月もあります。
広告+無料か有料アプリか課金にするか、難しいですね。
結局のところ、ユーザーの役に立つか、楽しんでもらえるアプリを作ることが大事なのでしょうね。そのユーザーの一人が開発者(自分)であることが理想だと思います。
by: maseda * 2017/01/09 09:55 * URL [ 編集] | TOP↑

-----------

maseda さん
コメントありがとうございました。
私も個々のアプリによっては何年も収入ゼロのアプリもあります〜!
確かに私も自分がこんなアプリがあったらいいな、から入っているのでそうですよね。
おたがいがんばりましょう!
by: Riri * 2017/01/20 14:24 * URL [ 編集] | TOP↑

-----------
頑張ってますね!
こんばんは。
超久しぶりにサイト訪問しました。
いやー、継続されていて立派です。
2011年から副業でAndroidアプリを作り始めたのですが、2013年に最高月収100万円を達成した後は、急激に稼げなくなりまして、ここ2年くらいプログラミングはやってませんw
毎月4~5万円の小遣いが入ってる程度ですね。
久しぶりにアプリを作ってみたくなって、超久しぶりにリサーチしてますが、個人開発者は厳しい様子ですねー^^;
by: ごま * 2017/01/27 00:40 * URL [ 編集] | TOP↑

-----------

ごまさん
コメントありがとうございます。
何もしないで毎月4~5万円入ってくるのは結構理想的な感じですね!うらやましいです。私もそのくらいを目指していきたいところです。
by: Riri * 2017/01/27 13:37 * URL [ 編集] | TOP↑

-----------
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。