スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
--/--/--(--)
スポンサー広告

D-2.AppleStoreにアプリを登録・Application Loaderのインストール

前回記事の続きです。
AppleStoreでアプリを公開するために、「iTunes Connect」でアプリの情報を登録している途中でした。

前回記事のように、必須項目を埋めたり、スクリーンショットを作ってアップロードしていくと、必須項目を入力してくださいというエラーがどんどんなくなって、最終的にこんな感じになります。

20150731001.jpg

ビルドを提出してね。っていうエラーのみになったら、次はビルドしたアプリをアップロードします。この画面からエイッとできればいいんですができません。

画面下のほうの「ビルド」というところにこのように表示されています。

20150731002.jpg

アプリをアップロードするには「Xcode」もしくは「Application Loader」というソフトを使う必要があります。ここまでWindowsパソコンを使っていた人も唯一ここだけはMacを使う必要がありますのでご注意ください!

逆に言うと、monacaを使えば、このアップロード作業以外はすべてWindows機でできます!びっくり!これだけー?!

「Xcode」もしくは「Application Loader」ということで、ここでは「Application Loader」を使います。
何が違うかというと、「Xcode」はiOSアプリを作るための総合的なソフトでコーディングやビルドやアプリのアップロードなどを行う機能があります。
「Application Loader」はアップロードするだけのソフトです。
なのでmonacaユーザさんは「Application Loader」でいいと思います!

この画面の「Application Loader」と書いているところがリンクになっているのでそこからソフトをダウンードし、インストールします。

インストーラーを起動するとこんな感じ。

20150731003.jpg

全部デフォルトで次へとかを押していくとサクッとインストールは終わります。

20150731004.jpg

アプリ一覧に「Application Loader」が出てればOKです!

20150731005.jpg

続きます。
スポンサーサイト

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。