スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
--/--/--(--)
スポンサー広告

C-7.MonacaでiPhoneアプリを作る・プロビジョニングファイルの作成その2・デバイスの登録

前回記事の続きです。
MonacaでiPhoneアプリを作る手順をご紹介しています。
前回はビルドに必要なプロビジョニングファイルの作成をするため、それに必要な「App ID」の作成をしました。
その続きからです。

プロビジョニングファイルの作成の続きです。「App ID」を選択する場面で選択できるようになりました。

20150706001.jpg

作成した「App ID」を選択して、「Continue」を押します。
certificates(証明書)を選ぶ画面になりました。前に作ったので選択できるようになっていますね。

20150706002.jpg

作成した「certificates」を選択して「Continue」を押します。
Deviceを選んでね!という画面になりました。

20150706004.jpg

選択肢がなくデバイスを作成せよ、ということみたいです。「Create Device」を押してデバイスを作成しましょう。

デバイスとは要するにテスト機です。
今デバッグビルドするためのプロビジョニングファイルを作成中なので、そのデバッグビルドをしたアプリを、どこかの端末で実行しますよね?その実行したい端末を登録するのです。私は以前の記事でもお知らせしましたとおり、Androidアプリの売り上げで、IOSアプリのテスト機としてipod touchを購入しています。

「Create Device」を押すと「Register Device」という画面になります。

20150706005.jpg

Nameは自分が識別しやすいように適用に名前をつけてください。
UDIDという入力欄はテスト機を識別するIDを入れる必要があります。テスト機を取り出してUDIDを調べてください!

UDIDの調べ方ですが、私の手持ちのipod touchだとこのように調べました。たぶんiPhoneの人も同じだと思いますのでやってみてください。

ipod touchとパソコンをケーブルでつなぎ、iTunesの画面を立ち上げます。
左のメニューのipodっぽいアイコンをクリックし、設定の「概要」というところを表示します。
すると中央のあたりに「UDID」が表示されます。これをコピーしてください。

20150706006.jpg


先ほどの画面にUDIDを入力して「Continue」を押します。

20150706005.jpg

この内容で登録しますので確認してねっていう画面になりました。「Continue」を押します。

20150706007.jpg

登録されました!という画面になりました。

20150706008.jpg

これでデバイスの登録はおしまいです。
次回は引き続きプロビジョニングファイルを作成します。
スポンサーサイト

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。