スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
--/--/--(--)
スポンサー広告

C-6.MonacaでiPhoneアプリを作る・プロビジョニングファイルの作成その1・App IDを作成

MonacaでiPhoneアプリを作る手順をご紹介しています。
前回はデベロッパー証明書とディストリビューション証明書をアップロードするところまでご紹介しました。
C-5.MonacaでiPhoneアプリを作る・デベロッパー証明書とディストリビューション証明書のアップロード

この状態でビルドしようとすると「プロビジョニングファイル」を登録せよ、というメッセージが出て先に進めなくなります。
20150604025.jpg

今回はプロビジョニングファイル」を作成するところをご説明しますね。AppleDeveloperの画面の証明書を作った画面を開きます。
(証明書を作ったときの記事はこちら

証明書を作った時は「Certificates」というところのくくりにある、「Development」をクリックして始めましたが、

20150604012.jpg


プロビジョニングファイルを作るときは「Provisioning Profiles」というところのくくりにある、「Development」をクリックしてあとは同様の手順で作成します。

20150618001.jpg

「Provisioning Profiles」の「Development」をクリックをクリックすると右側がこんな画面になります。右上の「+」ボタンを押します。

20150618002.jpg

Delelopmentの「iOS App Development」にチェックを入れて、Continueを押します。

20150618003.jpg

App IDを選べという画面になりました。選ぶものがないので先にApp IDを作らなくてはいけないようです。

20150618004.jpg

「Create App ID」を押します。
もしくは左のメニューのIdentifiersの「App IDs」を押しても同じです。

20150618005.jpg

こんな画面になります。右上の「+」ボタンを押します。

20150618006.jpg

description のところに識別できるようなアプリ名を入れます。

20150618007.jpg

bundle IDという欄にアプリのIDを入れます。これはAndroid版でいうところのパッケージ名ですね。
(Android版でパッケージ名を決めた時の記事はこちら

20150618008.jpg

ここらへんはよくわからないのでそのままにしてみました。で、continueを押します。

20150618009.jpg

確認画面が出ました。

20150618010.jpg

OKを押すとApp IDの作成が完了ですね。

これで、プロビジョニングファイルの作成をするための「App ID」の作成が終わった状態ですね。
次回、プロビジョニングファイルの作成を続けます。


スポンサーサイト

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。