スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
--/--/--(--)
スポンサー広告

B-3.Apple Developer Programsに登録する(その3)

前回記事の続きです。


「製品のアクティベートが完了したら、メールでご連絡いたします」という状態になってから、2日後にメールが来ました。
「Apple Developer Program へようこそ! 」という件名で来ていました。
準備できたよー的なことが書いてある。

20150416051.png

メール内にリンクがあるけど、最初にどこに行けばいいのかよくわからない。
すでにアプリを複数リリースしたから今わかるけど、最初はさっぱりわからなかった。
(1)のリンクはItuneConnentです。これはリリースするアプリを登録したりする。だから主にビルド後に使います。
(2)のリンクはMenberCenterです。開発に使うからこっちに先に行けばいいよ。

20150416052.png

なので(2)のリンクをクリックします。
ログインします。

20150416053.png

こんな画面になります。
右のほうの「iOS Developer Program」のくくりにある「Certificates, Identifiers & Profiles」というところをクリックします。

20150416054.png

こんな感じの画面になります。
それで「iOS Apps」の枠内にある「Certificates」をクリックします。
「Certificates」は「証明書」ってことです。

20150416055.png

で、ここが「証明書」などを作る画面です。
この画面よく使うので覚えておいてください!
証明書や鍵をめっちゃ作るから!!!
あれ?違うかな。
私、操作がよくわからなくて、というかどの証明書をどこで使うのか、どこで何作ったらいいかわからなくて、いろいろやってみたせいで結果的にいっぱい作ったけど、本当は3回くらい作れば終わりなのかも。

20150416056.png

証明書をどこで使うかといいますと、例のMonacaプロジェクトを開いていただきまして、「設定」→「iOSビルド設定」と開いた画面で、

20150416057.png

さらに下にスクロールすると出てくる

20150416058.png

ここ!この画面で使います!
証明書をアップロードする機能があるでしょ?

20150416059.png

ここで証明書を登録しないとiOSアプリはビルドができないのです。
というわけで、証明書を作る作業はまた改めて説明します。

「Apple Developer Programsに登録する」というミッションはおしまいです。

次はAndroidアプリ用のMonacaプロジェクトをiOSに対応させます。
といっても基本的なアプリの動きはそのままのソースで動いちゃいます!
広告の対応やスプラッシュスクリーン・アイコンなどをiOS向けにするだけです。
スポンサーサイト

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。