スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
--/--/--(--)
スポンサー広告

7-3.Monaca開発(結果をつぶやくTwitterボタン)

今回のアプリいやいや期物語では、最終ページに「結果をツイートする」ボタンをつけてみました。

aa.jpg


Monacaの開発ドキュメントにもあるとおり、Monacaでは、ツイッターと連携するアプリもつくることができます。

Twitterクライアントアプリでも作るなら、上記リンク先にあるような本格的に連携する手法をとればいいと思うのですが、
私の場合、ただ結果をツイートしたいだけなので、いちいち認証の設定とかしたくない。
というわけで、もっと簡単な方法はないかとググってみたところ、ありました。

twitter公式のつぶやくボタンをブログやWEBサイトなどに設置する機能が使えるみたいです。
twitter公式のボタンの設置方法はこちらのサイトを参考にしました。

最後のページにこんな感じで設置しました。


<a href="#" onclick="twi();">結果をツイートする(Twitterサイトを開く)</a>
<script>

function twi(){
var twilinkhref= "http://twitter.com/share?url="
        + getURL() + "&text=" + getKiroku() + "&";
window.open(twilinkhref);
}
</script>


あら簡単。
クリックすると、端末にインストールされているブラウザを開くような仕掛けができました。

私の端末でクリックすると、複数インストールされているブラウザのうち、どれで開きますか?みたいなダイアログが出てきます。
ブラウザで開くとツイッターのつぶやく画面が出てきて、TwitterのIDとパスワードを入れるとつぶやけました。
一応成功かな?
他の端末ではどうなるか試せてないので、もし誰か試してみて失敗した方などいらしたら、教えてください。


ちなみに、
getURL() でこのアプリを公開しているURLが取得されます。
getKiroku() でゲームの結果が取得されます。

つぶやきを見た人が、これはなんのアプリの結果なのか、たどっていけるという仕組みです。
私の作ったゲームは点数制ではないのですが、
点数がつくゲームなんかはこうやって結果を友達とつぶやき合ってもらって、
ゲームの結果を競ったりするのに使えます。
スポンサーサイト

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。