スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
--/--/--(--)
スポンサー広告

17-45.品川区大崎ご当地キャラを応援!「あそぼう!大崎一番太郎」をリリースしました

ご当地応援アプリ第43弾「あそぼう!大崎一番太郎」をリリースしました!!
(「ご当地応援アプリ製作プロジェクト」についてはこちらの記事でくわしく書いてます。)
11_2014031015202743a.png

今回は、東京都品川区にある大崎駅西口商店会のマスコットキャラクター「大崎一番太郎」通称「いっちゃん」の子供向けゲームアプリです。
ミニゲーム2つ、「大崎一番太郎」の紹介ページの3ページからできていて、小さなお子さんが「大崎一番太郎」に親しみを持ってもらえるようなものを目標に作成しました。

ご当地応援アプリシリーズのミニゲームは全部一緒ではなく、複数あるゲームのうち2つが入っている方式なので、ご当地応援アプリシリーズをひとつかふたつ既にダウンロードしているかたも、ぜひダウンロードしてみてくださいね。

こちらからダウンロードできます→「あそぼう!大崎一番太郎
12_201403101520359d7.png

大崎一番太郎(いっちゃん、イッちゃん)は、これまでアプリを作らせていただいたご当地キャラクターと大きく異なる特徴があります。
なんと、「著作権を放棄している」そうです。
詳細は下記のURLをご参照ください。

◆大崎一番太郎がクリエイティブ・コモンズ・ライセンスで著作権を放棄する理由
http://matome.naver.jp/odai/2134317674481822801


これまで、ご当地キャラクターのアプリを制作するとき、キャラクターの運営を行っている自治体や団体に問い合わせをして、許可をもらってから作成しました。
運営している団体によって手続きは異なるのですが、おおむね、どの団体でも主に「キャラクターのイメージを損なうような使い方をしていないか」というような内容の審査が行われます。
「アプリをつくっていいですよ」と許可が出るまで、早いところは2・3日で済みますが、手続きだけで3か月くらいかかったキャラクターもあり、平均するとだいたい2週間くらいかかります。
そして断られる場合もあります。たとえば商用利用は不可としているキャラクターもあったり、個人には貸せないという場合もあります。
審査にあたって書類の郵送が必要になったり、電話で質問を受けたりすることもあります。
サンプルを作って提出する場合もあります。


とにかくこのご当地キャラクターを使用したアプリの制作において、キャラクター運営側に許可をもらうまでというのは、結構大変なんですね。
なんと、大崎一番太郎は、そこを全部すっとばせるんです。
とはいえ、著作権放棄といえども、具体的に何をしてよくて何がダメなのかわからなかったので、一応運営されているかたに「使っていいですか?」と問い合わせてみたのですが、とくに許可を取ったりしないで勝手に使っていいとの回答でした!
どこでまで自由なのか、についてですが、極端な話、大崎一番太郎の着ぐるみを自分で勝手に作って「こんにちは僕は一番太郎です」とか言い張っちゃってもいいみたいです。

これはまた勇気ある決断であり、今後の動向に大注目ですよね。
もちろん誰がどう使うかわからないので、イメージダウンにつながるリスクはありますが、「知名度向上」を最優先にした場合、ものすごく大成功する可能性もひめてますよね。

というわけでこの勇気ある決断をぜひとも応援したい!
このブログは初心者のアプリ開発者向けに書いている部分が多いので、みなさんに「大崎一番太郎」を、もうものすごくおすすめしておきます。


『あなたがもし、プログラミングを勉強し、ゲームのアイデアも浮かんだけど、残念ながらキャラクターデザインやイラスト制作ができないので、なかなかアプリ制作が前に進まない、というのであれば、この「大崎一番太郎」を使ったらいいじゃないの!』


ということです。
素材データも提供されています。イラストレータのデータもありました。
なんて出血大サービスなんでしょう。


「くまもん」の大成功以降、ライセンス料を無料にするご当地キャラが爆発的に増え、おかげで私もこんな活動ができています。
今後「大崎一番太郎」が大成功すれば、後に続いて著作権放棄するご当地キャラクターも現れるかもしれません。

得をするのはキャラクターを使わせてもらう側だけでないですよね?
キャラクター運営側もいいことがあるばずです。
審査にかかる時間がカット。
どんどん勝手に使われて知名度が上がるのであれば、これまでかかっていた知名度を上げるための活動コストが大幅にカット、ということが期待できます。
自治体なんか税金でやってますからね、運営費をかけず地域活性化ができるなら、こんなによいことはありません。
ここまでご当地キャラが増えると、たくさんのキャラクターの中で埋もれてしまっていまいち効果が感じられないキャラクターもいるはずなんですよね。


というわけで、大崎一番太郎と大崎駅西口商店会をこれからも応援していこうと思います。


このアプリを通して、キャラクターや地域のPRに少しでも貢献できれば、と思います。

あそぼう!大崎一番太郎」の動画
http://www.youtube.com/watch?v=EuQKbCQ0EhI
スポンサーサイト

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
















管理者にだけ表示を許可する


ケノーベルからリンクのご案内(2014/03/15 08:50)
品川区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 ケノーベル エージェント[2014/03/15 08:51]
| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。