スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
--/--/--(--)
スポンサー広告

17-42.有田川町ご当地キャラを応援!「こっちむいて!ありりん」をリリースしました

ご当地応援アプリ第40弾「こっちむいて!ありりん」をリリースしました!!
(「ご当地応援アプリ製作プロジェクト」についてはこちらの記事でくわしく書いてます。)
※本アプリは、有田川町教育委員会よりイラストの使用許可を取っています。

11_20140306201308453.png

今回は、和歌山県有田郡有田川町の有田川Libraryイメージキャラクター「ありりん」の子供向けゲームアプリです。
ミニゲーム2つ、「ありりん」の紹介ページの3ページからできていて、小さなお子さんが「ありりん」に親しみを持ってもらえるようなものを目標に作成しました。

ご当地応援アプリシリーズのミニゲームは全部一緒ではなく、複数あるゲームのうち2つが入っている方式なので、ご当地応援アプリシリーズをひとつかふたつ既にダウンロードしているかたも、ぜひダウンロードしてみてくださいね。

こちらからダウンロードできます→「こっちむいて!ありりん
12_20140306201309d27.png

ありりんは和歌山件の有田川町の有田川Library、要は図書館ですね。
そこのキャラクターです。鮮やかなオレンジでかわいいですね。

今回は使えるイラストが2パターンしかなかったのですが、かわいいポーズの着ぐるみの画像を提供いただいたので、着ぐるみ満載のアプリとなりました。
今後の可能性がかなり広がりました。
要はイラストなんかなくても着ぐるみがいれば、そしていろんなポーズで写真を撮って送ってくだされば、結構いい感じにアプリ化できるということが証明されたわけです。
これまでイラストが1ポーズしかないキャラクターは声をかけてこなかったので、これを機に、候補となるキャラクターが大幅に増えました!

今やりとりしている別のキャラクターさんたちのご担当者の方々の中にも、結構ノリノリで「じゃー今から着ぐるみ引っ張り出してきて、写真撮ってきますねー!まかしときっ!」というような感じで、かなり快くご協力くださる方々もいらっしゃいます。
大変ありがたく、こちらもモチベーションがあがります。

かたや、ものすごく真面目な感じで申請や契約のご連絡をさせていただいてる中で、「いや、でもあれは着ぐるみでなく本物の妖精なのですが」と、キャラ設定を頑なに守っておられるキャラクターご担当者さんもいらっしゃいます。
市役所のサイトとかに「着ぐるみ貸し出しまーす」「着ぐるみの中に入る人募集」と公に表記されているキャラクターさんもおられるのですが、「いや、あれば本物の妖精で」とおっしゃられているキャラクターさんのところは、公式サイトなどにもどこにも「着ぐるみ」の文字はみられません。
方針がしっかり守られているようです。


どのキャラクターのご担当者さんたちも、それぞれ方針は様々ですが、キャラクターへの愛情が感じられますよね。


というわけでありりんの写真満載のアプリ、楽しんでみてくださいね。
このアプリを通して、キャラクターや地域のPRに少しでも貢献できれば、と思います。


こっちむいて!ありりん」の動画
http://www.youtube.com/watch?v=QFGujK9SW8M
スポンサーサイト

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
















管理者にだけ表示を許可する


ケノーベルからリンクのご案内(2014/03/12 08:51)
有田郡有田川町エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 ケノーベル エージェント[2014/03/12 08:51]
| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。