スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
--/--/--(--)
スポンサー広告

3-5.Monacaデバッガーでデバッグ

さて、犬のイラストをタッチすると犬の表情がランダムに変わり、
音がなる、という動きのコーディングが終わりましたので、
ちゃんと動くか動かしてみます。

Androidが入っているお手持ちのスマートフォンやタブレッドでデバッグします。
うちは息子(2歳)がときどきゲームアプリを
楽しむタブレットでデバッグしてみます。
デバッグにはMonacaデバッガーをインストールする必要があります。

Monacaデバッガーのページからインストールができます。
もしくはgooglePlayで「Monacaデバッガー」と検索すれば出てきます。

インストールして起動するとログインIDとパスワードの入力画面が出ます。
unnamed.jpg

ここにMonacaにログインするときのメールアドレスと
パスワードを入力してログインします。

そうするとプロジェクトの一覧が出てくるので、開発中のプロジェクトを選ぶと
さっき作ったソースが実行されます。

タッチしたら犬の絵が変わり、無事に音も鳴りました!
わーい!
動いた動いたうれしいな!


パソコンでソースの書き換えして保存、
タブレットで書き換わったソースを同期してから実行、
というのを繰り返します。

犬の絵を増やしたり、位置を調整したり、全部の犬が笑顔になったら
音がなるようにする、など、多少作りこみました。
あと、そうそうnend広告がちゃんと表示されるのも確認できました。

最終的なゲーム画面はこんな感じになりました。

d000.jpg


上の「にっこりえがおにしてね」の文字は
手書きフォントで書いた画像を使用しています。
これ、フォントのインストールとか面倒なのでWEBサービスを利用しました。

バナー工房
こちらも無料で商用利用も可というサービスです。

banner02.jpg

こんな感じの画面で、今これは犬の画像をアップロードして
「えあわせー!」って文字を入れる処理をしています。
文字入れは全部このサービスを利用しました。

もちろんMSゴシックとかだけでいいなら
HTMLだけで大丈夫なので画像の文字要れなどの作業は必要ありません。
スポンサーサイト

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。