スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
--/--/--(--)
スポンサー広告

2015年5月のインストール数、広告収入を公開!

2015年5月のダウンロード数や広告収入の結果を報告します。
振込額、ダウンロード数、広告収入(速報値)の順にご報告しますね!


==================
2015年5月の振込額
==================
20150529_nend_3365.jpg
20150529_fluct_668.jpg


3365円(nend:4月分)
668円(fluct:2,3月分)
-------------
合計:4033円


==========================
2015年5月のダウンロード数
==========================
■GooglePlay(Androidアプリ)
(5月のDL数でなく、先月までの分も含む累計です。)
20150601_google_24608.jpg
GooglePlayでの全てのアプリの総ダウンロード数の累計:24608


■Tapnow(Androidアプリ)
(5月のDL数でなく、先月までの分も含む累計です。)
20150601_tapnow_1053.jpg
Tapnowでの全てのアプリの総ダウンロード数の累計:1053


■Amazonアプリストア(Androidアプリ)
(5月のDL数でなく、先月までの分も含む累計です。)
20150601_amazon_1945.jpg
Amazonアプリストアでの全てのアプリの総ダウンロード数の累計:1945


■Samsung Apps(Androidアプリ)
(5月のDL数でなく、先月までの分も含む累計です。)
(かなり概算値)
20150601_sumsung_13726.jpg
Samsung Appsでの全てのアプリの総ダウンロード数の累計:13726


■Appleストア(iOSアプリ)
(5月のDL数でなく、先月までの分も含む累計です。)
20150601_apple_518.jpg
Appleでの全てのアプリの総ダウンロード数の累計:518


====================
2015年5月の広告収入
====================
nend
20150601_nend_3428.jpg
(過去の累計ではなく、5月分のみ)
nendの5月の広告収入:3428円(導入アプリ数:73)

appC cloud
(過去の累計ではなく、5月分のみ)
20150601_appccloud_245.jpg
appC cloudの5月の広告収入:245円(導入アプリ数:58)

■Fluct
(過去の累計ではなく、5月分のみ)
20150601_fluct_128.jpg
Fluctの5月の広告収入:128円(導入アプリ数:50)

■GMOSSP
(過去の累計ではなく、5月分のみ)
(かなり概算値)
20150601_gmossp_285.jpg
GMOSSPの5月の広告収入:285円(導入アプリ数:3)



====================
2015年5月のまとめ
====================
■公開しているアプリの数:72本
(英語版をリリースしているものは日本語版と英語版合わせて1と数えます)
(iOS版とAndroid版をリリースしているものは合わせて1と数えます)


■DL数まとめ(全期間累計)
GooglePlay:24608
Tapnow:1053
Amazonアプリストア:1945
Samsung Apps:13726
Appleストア:518
----------------------
合計:41850


■収益まとめ(5月分速報値)
nend:3428円
appC cloud:245円
Fluct:128円
GMOSSP:285円
----------------------
合計:4086円


■推移(月:1ヶ月の収益:全期間累積DL数)
2013年07月: 644円 231DL
2013年08月: 3853円 1127DL
2013年09月: 3650円 2198DL
2013年10月: 4377円 4762DL
2013年11月: 7936円 7165DL
2013年12月:12564円 10247DL
2014年01月:13517円 15825DL
2014年02月:11808円 18556DL
2014年03月:10536円 24598DL
2014年04月: 7347円 25968DL
2014年05月: 7251円 27114DL
2014年06月: 7081円 28256DL
2014年07月: 7178円 29356DL
2014年08月: 5117円 30356DL
2014年09月: 4169円 31491DL
2014年10月: 3827円 32611DL
2014年11月: 5078円 33899DL
2014年12月: 4058円 34901DL
2015年01月: 6563円 36538DL
2015年02月: 3901円 37765DL
2015年03月: 4875円 39405DL
2015年04月: 4133円 40581DL
2015年05月: 4086円 41850DL


@ITのコラム掲載(こちらの記事参照)の影響で一時的に増えていたブログのアクセス数も元に戻り、また変わり映えのしないブログに戻りました。ただいまー!

引き続き、地味に頑張ります。
応援よろしくお願いします。
-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

A-13.Mac初心者がiPhoneアプリ開発用に買ったMacbookに入れたフリーソフト一覧

さて、何度もお知らせしていますが、
初めてiOSアプリを作るために、MacbookProを買いました!

Macに触るのが初めてなので、アプリ開発に入るまでに困ったことなどを何度か記事にしています。

タッチパッドのクリック方法がわからない編、マウスが使えた編、右クリックが無いとか聞いてたけどあった編、Windowsとの操作方法の違いでココがイライラする編、外付けHDDが読めるけど書けなかった編、などお送りしましたが、今回は最初のiPhoneアプリリリースまでにインストールしたフリーソフトをご紹介します。

※アプリ開発にはMonacaを使っています。(iPhoneアプリもAndroidアプリも)


■最初のiPhoneアプリリリースまでにインストールしたフリーソフト

Application Loader
ビルドしたアプリをAppleのサーバにアップロードするときに使います。
このソフトを使うためだけにMacbookを買ったんです!
逆に言うとこの「アップロード」作業以外は全部Windows機でもできます!


PhotoScape X for Mac
画像ファイルの加工に使います。
ボタン素材とか作るわけです。
とは言っても私、難しいことしないのです。
私に必要な加工の機能は、
 サイズの変更、
 四角くトリミング、
 明るさや色合いの簡単な調整、
 文字入れ、
 枠を作る、
 アイコンみたいに角を丸くする、
 画像と画像を単純に合成する、
などだけです。
レイヤー?とかベジェ曲線?とか投げ縄ツール?とかそういうの使いこなせないんです、私。
WindowsではJtrimを使ってました。99%これで素材作ってました。
PhotoScape X for Macでなんとかアプリ用素材を作れるようにはなってきたけど、もっとJtrimに近いものがあったら乗り換えたい。誰か知ってたら教えてください。


OpenOffice for Mac
エクセルやワードで作られたファイルを開きたいときに。
ご当地アプリ使ってると市役所とかに提出する申請書類のフォーマットがワードやエクセルだったりするので必要です。
あとはたまにですが、アンドロイダーとか、取材を受けるときに新聞社とかの企業やなんかとやりとりの機会があるので、ワードやエクセルを開かなきゃいけない時があります。
もともとMacBookに入ってるNumbersっていうやつがエクセルみたいなやつなのかな?なんかよくわかんないから使ってないです。
ちなみにWindows機のときもOpenOfficeで頑張ってたので、Mac用Microsoft Officeを買う気はまだないです。(会社ではもちろんOffice使ってますけど。)
いや、予算がある人は買ったらいいよね、ビジネスで使うなら必要だよね。うん、わかる、わかるんだよ。


Google Chrome
Windows機のときはメインで使っていたWEBブラウザですね。MacBookにも入れました。
今はせっかくMacにしたので基本的にはSafariで頑張ってるんだけど、WEBサービスによってなんか微妙に操作性や動作が変わるときがあってたまに使ってます。
ブログ記事とかWEBサイトを更新したときは、ブラウザによってガッタガタになったりするときがあるから、見に来てくれる人への礼儀として最低2種類くらいは確認しておこうよ、という方針でSafariとGoogle Chromeで見た目を確認したりしてます。


mi
テキストエディタです。もともと入っているテキストエディットと両方使ってみているけど、まだ両方しっくりきてないです。Windowsでは秀丸使ってたんで極力これに近いのがいいんだけどまだ見つかってない。
試行錯誤中です。もっと秀丸に近いやつあったら誰か教えてください。


MouseZoom
SmoothMouse
 この前紹介したけど、マウスが遅いし変な加速かけてくるから入れてみた。まだしっくり来ないから、慣れるのが先かもしれないけど、なんかもっといいのあったら試したいです。


iBackup
 外付けHDDに毎日バックアップするのに使っています。一応これで使えてます。でもWindows機ではFastCopyっていうやつ使ってたのでできればこれにもっと違いのがあれば試したいです。


UTAU-Synth for MacOSX
私のリリースしたiOSアプリ「トイトレくまちゃん」と「くまちゃんのおはしトレーニング」などに流れる「歌」をこれで作っています。初音ミク?とかのボーカロイド?みたいなやつに似てる感じなんだと思います。あっちを使った事ないからわからない。
このソフトがタダで使えるなんてありがたくてありがたくてっていうご紹介は以前したかと思います。
こういう音楽を打ち込むソフトって全般的に難しいし、重いのよね。これは軽くて直感で使えて、私の使いたい範囲の機能しかなくて素敵です。
これのMac版出ててよかった。出てなかったらWindows機捨てられなかった。


GIMP for Mac
一応入れたけど、やっぱり使いこなせないよね。 
Windows機だったころは画像加工の99%はjTrimでやって、1%だけGIMPでやってました。
Macになったらさっき紹介したPhotoScape X for Macを99%、GIMP1%て感じかな。
ご当地キャラアプリはイベントとかで使った着ぐるみ画像をもらって、着ぐるみ部分だけくりぬいてアプリの素材にしたりするので、その「くり抜く」って作業だけこれでやっています。
やー、これ使えるようになったら作るアプリの幅も広がるんじゃないのー!知らんけどー!いつまでたっても使いこなせないー!重いー!


以上です、これだけでアプリを開発してビルドして審査とかに落ちたり通ったりしてAppleストアで公開するところまで全部できました。


■当然インストールするものだと思ってたら使わなかったフリーソフト

Xcode
monacaで開発する場合は不要でした!えーー!
これは入れなきゃいけないと思ったよね?いらなかった!


本当にMacを初めて触ったので、もちろんフリーソフトもよく知らないので、もっといいのあるよ!とか詳しい方どんどん教えてくださーい!
-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村

B-1.Apple Developer Programsに登録する(その1)

さて、初めてiOSアプリを作るために、MacbookProを買いました!
そしてMac初心者にありがちなアレコレを乗り越えて、早速iPhoneアプリ開発に入りたいと思います。

Monacaで作ったAndroidアプリのソースがあるので、これをiOS用にビルドしてAppleアプリストアで公開したいと思います。

MonacaでAndroidアプリを作った過程はこちらのカテゴリで説明していますのでご覧ください。
2.ユーザ登録・初期設定
3.アプリ作成
┣4.アプリのビルド
5.GooglePlayストア

普通ならAndroidアプリをiOSでリリースしたいときはJavaで書かれたコードをObjective-Cで書き直さなければいけないし、eclipseのプロジェクトをXcodeで1から再作成しなくてはいけません。たぶん。
やったことないから知らんけど。

ところがどっこい!
Monacaで作ったAndroidアプリプロジェクトはほぼそのままのソースでiPhoneアプリがつくれます。
再コーディングはほとんど不要です。
たぶん広告をiPhoneに対応させるようの対応だけで済みます。
なんて画期的なんでしょう!

というわけでコーディングはほぼできているので、まずはApple Developer Programsへの登録から始めます!
登録は別にWindows機でもできますよ。


ちなみにApple Developer ProgramsというのはAppleストアでアプリを公開したい人は登録が必要で、年会費が1万円前後かかります。
私が登録したときは7800円でした。この間みたら11800円のときもありました。ドル円の相場で決まるのかと思ったけどそうでもないのかな?
まあだいたい1万円程度と思ってください。

20150416001_2015041615395756e.png

まずはこちらのページに飛びます。
https://developer.apple.com/jp/programs/

左下の「iOSデベロッパプログラム」というところをクリックします。

20150416002_20150416154001f35.png

「今すぐ登録」ボタンを押します。

20150416003.png

「続ける」を押します。

20150416004.png

ここでは、私はアプリ開発用のAppleIDと、自分でアプリを使ったり音楽コンテンツを買ったりする方のプライベートなAppleIDを分けようと思い「AppleIDを作成」を押しました。
わけなくて良くて、すでにAppleIDがある人は「サインイン」します。
分けると何かいいことがあるのか、一緒の方がいいのかはちょっとわかりませんでした。

20150416005.png

AppleIDを作成する画面になるので、必要事項を入力して、登録します。

20150416006.png

こんな画面になりました。

20150416007.png

すると登録したメールアドレスに確認メールが来ますので、リンクをクリックします。

20150416008.png

AppleIDが作成できました。

20150416009.png

そしたらトップページに戻り、右上の「メンバーセンター」をクリックします。

20150416010.png

そうするとこんな画面に。
ここから英語です。グーグル翻訳を別タブで開いて翻訳しながら進めました。

「個人」ですか?「企業」ですか?
って聞いてるみたいです。

20150416011.png

スクロールして個人「Individual」を押します。

20150416012.png

次は規約に同意しますか?ってやつになりました。

20150416013.png

同意します「Agree」を押します。

20150416014.png

「その2」に続く。
-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村

B-2.Apple Developer Programsに登録する(その2)

前回記事の続きです。


次にこんな画面になります。
これはアンケートのようなものですかね。
あんた何者?わたしはソフトウエアエンジニアである!
みたいなのに答えます。
たぶん単なるアンケートなので多少間違えても多分平気!たぶん!

20150416021.png

登録ありがとうってなりました。おしまいかな?と思ったけどまだまだ続きます。
「continue」を押します。

20150416022.png

個人情報を入れる画面になりました。
氏名などを入れます。


20150416023.png

クレジットカード情報入力欄の上段は「自国の言語で正確に」と書いてあるので日本語で入れました。



20150416024.png

下は英語で入れました。
そして「continue」を押します。

20150416025.png

こんな画面になります。
「iOS Developer Programs」にチェックを入れます。「continue」を押します。

20150416026.png

入力内容確認画面になります。
確認して「continue」を押します。

20150416027.png

同意書的なアレが出てくるのでチェックします。

20150416028.png

「I Agree」を押します。

20150416029.png

また確認画面になります。
日本語になった!

20150416030.png

「続ける」を押します。

20150416031.png

最終確認画面が出てくるので「ご注文の確定」を押します。

20150416032.png

「製品のアクティベートが完了したら、メールでご連絡いたします」とでました。

20150416033.png

メールが来るまでしばらく待ちましょう。
私がやったときは2日後にメールが来ました。

続く。
-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村

B-3.Apple Developer Programsに登録する(その3)

前回記事の続きです。


「製品のアクティベートが完了したら、メールでご連絡いたします」という状態になってから、2日後にメールが来ました。
「Apple Developer Program へようこそ! 」という件名で来ていました。
準備できたよー的なことが書いてある。

20150416051.png

メール内にリンクがあるけど、最初にどこに行けばいいのかよくわからない。
すでにアプリを複数リリースしたから今わかるけど、最初はさっぱりわからなかった。
(1)のリンクはItuneConnentです。これはリリースするアプリを登録したりする。だから主にビルド後に使います。
(2)のリンクはMenberCenterです。開発に使うからこっちに先に行けばいいよ。

20150416052.png

なので(2)のリンクをクリックします。
ログインします。

20150416053.png

こんな画面になります。
右のほうの「iOS Developer Program」のくくりにある「Certificates, Identifiers & Profiles」というところをクリックします。

20150416054.png

こんな感じの画面になります。
それで「iOS Apps」の枠内にある「Certificates」をクリックします。
「Certificates」は「証明書」ってことです。

20150416055.png

で、ここが「証明書」などを作る画面です。
この画面よく使うので覚えておいてください!
証明書や鍵をめっちゃ作るから!!!
あれ?違うかな。
私、操作がよくわからなくて、というかどの証明書をどこで使うのか、どこで何作ったらいいかわからなくて、いろいろやってみたせいで結果的にいっぱい作ったけど、本当は3回くらい作れば終わりなのかも。

20150416056.png

証明書をどこで使うかといいますと、例のMonacaプロジェクトを開いていただきまして、「設定」→「iOSビルド設定」と開いた画面で、

20150416057.png

さらに下にスクロールすると出てくる

20150416058.png

ここ!この画面で使います!
証明書をアップロードする機能があるでしょ?

20150416059.png

ここで証明書を登録しないとiOSアプリはビルドができないのです。
というわけで、証明書を作る作業はまた改めて説明します。

「Apple Developer Programsに登録する」というミッションはおしまいです。

次はAndroidアプリ用のMonacaプロジェクトをiOSに対応させます。
といっても基本的なアプリの動きはそのままのソースで動いちゃいます!
広告の対応やスプラッシュスクリーン・アイコンなどをiOS向けにするだけです。
-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。