2015年3月のインストール数、広告収入を公開!

2015年3月のダウンロード数や広告収入の結果を報告します。
振込額、ダウンロード数、広告収入(速報値)の順にご報告しますね!


==================
2015年3月の振込額
==================
20150331nend2878.jpg
20150331gmo942_fluct2002.jpg


2878円(nend:2月分)
2002円(Fluct:12月1月分)
942円(GMOSSP:12月1月分)
-------------
合計:5822円


==========================
2015年3月のダウンロード数
==========================
■GooglePlay(Androidアプリ)
(3月のDL数でなく、先月までの分も含む累計です。)
20150401_googleplay_22842.jpg
GooglePlayでの全てのアプリの総ダウンロード数の累計:22842


■Tapnow(Androidアプリ)
(3月のDL数でなく、先月までの分も含む累計です。)
20150401_tapnow_1008.jpg
Tapnowでの全てのアプリの総ダウンロード数の累計:1008


■Amazonアプリストア(Androidアプリ)
(3月のDL数でなく、先月までの分も含む累計です。)
20150401_amazon_1895.jpg
Amazonアプリストアでの全てのアプリの総ダウンロード数の累計:1895


■Samsung Apps(Androidアプリ)
(3月のDL数でなく、先月までの分も含む累計です。)
(かなり概算値)
20150401_samsung_13439.jpg
Samsung Appsでの全てのアプリの総ダウンロード数の累計:13439


■Appleストア(iOSアプリ)
(3月のDL数でなく、先月までの分も含む累計です。)
20150401_apple_221.jpg
Appleでの全てのアプリの総ダウンロード数の累計:221


====================
2015年3月の広告収入
====================
nend
20150401nend3824.jpg
(過去の累計ではなく、3月分のみ)
nendの1月の広告収入:3824円(導入アプリ数:73)

appC cloud
(過去の累計ではなく、3月分のみ)
20150401appc584.jpg
appC cloudの3月の広告収入:584円(導入アプリ数:58)

■Fluct
(過去の累計ではなく、3月分のみ)
20150401fluct232.jpg
Fluctの3月の広告収入:232円(導入アプリ数:50)

■GMOSSP
(過去の累計ではなく、3月分のみ)
(かなり概算値)
20150401gmo235.jpg
GMOSSPの3月の広告収入:235円(導入アプリ数:3)



====================
2015年3月のまとめ
====================
■公開しているアプリの数:72本
(英語版をリリースしているものは日本語版と英語版合わせて1と数えます)
(iOS版とAndroid版をリリースしているものは合わせて1と数えます)


■DL数まとめ(全期間累計)
GooglePlay:22842
Tapnow:1008
Amazonアプリストア:1895
Samsung Apps:13439
Appleストア:221
----------------------
合計:39405


■収益まとめ(3月分速報値)
nend:3824円
appC cloud:584円
Fluct:232円
GMOSSP:235円
----------------------
合計:4875円


■推移(月:1ヶ月の収益:全期間累積DL数)
2013年07月: 644円 231DL
2013年08月: 3853円 1127DL
2013年09月: 3650円 2198DL
2013年10月: 4377円 4762DL
2013年11月: 7936円 7165DL
2013年12月:12564円 10247DL
2014年01月:13517円 15825DL
2014年02月:11808円 18556DL
2014年03月:10536円 24598DL
2014年04月: 7347円 25968DL
2014年05月: 7251円 27114DL
2014年06月: 7081円 28256DL
2014年07月: 7178円 29356DL
2014年08月: 5117円 30356DL
2014年09月: 4169円 31491DL
2014年10月: 3827円 32611DL
2014年11月: 5078円 33899DL
2014年12月: 4058円 34901DL
2015年01月: 6563円 36538DL
2015年02月: 3901円 37765DL
2015年03月: 4875円 39405DL


11月にこんな記事を書きまして、
19-1.いい機会だからマネタイズをちゃんと考える

5月くらいからDL数はずっと同じくらいなのに収益がどんどん減っていくところにテコ入れしたい!
ということでした。
結果!
20150402g.jpg

テコ入れできてる風ですよね?!
0に向かう下降線を、低空飛行ながらもなんとか現状維持する感じになってきました!
よろよろがんばりまーす。
-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

19-18.appcCloudの無料レビュー掲載でDL数がどれだけ伸びるか

さて、「giveApp,エキサイトニュースなど6サイトで「冷凍できる・できない事典」のレビューが掲載されました」みたいな記事を何度か書きましたが、6サイトで掲載されたらどれだけDL数が伸びるのでしょう。

実績をみてみましょう!

まずは普段からそこそこダウンロードされるアプリはどうなるか!
(そこそこというのは私の作ったアプリの中では上位、という意味です。)

冷凍できる・できない事典の「一日のインストール数」の推移です。
101.jpg

グラフ中央付近2014年11月中旬付近の赤い矢印は雑誌に載ったときです。→「週刊誌「女性自身」に「冷凍できる・できない事典」が掲載されました
一時的にDL数が増えたのがわかりますね(中央のピンクの四角で囲ったあたり)。
大きな山になりました。主婦向けアプリが主婦向け雑誌に掲載されたときの威力がわかりますね。
雑誌に掲載されると、平常時に一日10~15ダウンロードされるアプリが、一時的に一日50ダウンロードくらいになりました。

そしてグラフの右の端の方の2015年1月下旬付近、緑の矢印がappcCloudの無料レビュー保障の6つのレビューサイトに掲載されたときです。
ぽこぽこっと増えている感じがしますね(ピンクの四角で囲ったあたり)。
ちなみに黄色い四角部分はバージョンアップによるもので、サイト掲載とはまた別のものです。
appcCloud無料レビュー保障に掲載されると、平常時に一日10~15ダウンロードされるアプリが、一時的に一日35ダウンロードくらいになりました。


さて、上記は「恩恵があったアプリ」の例です。
次は、もともと鳴かず飛ばすのダウンロード数だったアプリはどうなるか!
をみてみましょう!

102.jpg

微妙です。
ピンクの四角部分が若干上がってるように見えますが、もともと0~3だったのが0~5って伸びても、誤差なのか何なのか。
もちろん収益には全く貢献していないでしょう。(掲載前も1日0円、掲載後も1日0円という意味で)

appcCloud無料レビュー保障に掲載されると、平常時に一日2~3ダウンロードされるアプリが、一時的に一日5~6ダウンロードくらいになりました?(誤差かも)

これってもしかしたら増分はレビュー文章を書いてくれたレビュアーさんのDL数だけかもしれないです。
私のように弱小個人デベロッパーさんで、とにかく1ダウンロードでもDL数を増やしたいって人は「最低でもレビュアーさんがダウンロードしてくれる!」というポジティブな見方もできますが。

というわけで「無料レビュー掲載保障制度で恩恵を受けられるかどうかは、アプリによる」ということですね。
質のいいアプリなら露出が増えればDL数も増えることもありますよ、全然ダメなものはいくら宣伝したってダメにはかわらないですよ、ということでしょう。
-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村

giveApp,エキサイトニュースなど6サイトで「こっち向いて!ミウル」のレビューが掲載されました

アプリ情報サイト「giveApp」で「こっち向いて!ミウル」のレビューが掲載されました!

何度もご紹介していますが、appccloudの広告を入れるとレビュー掲載特典というのがあり、無料でレビューを掲載してくれる仕組みがあります。
appccloudの広告の導入の仕方などはこちらのカテゴリにまとめて、随時アップしています。
レビュー依頼方法はこちらの記事を参照下さい。


今回の「こっち向いて!ミウル」のgiveAppレビュー掲載ページはこちらです。
https://giveapp.jp/p/a2839/

こんな感じで掲載いただいてます。
20150316003.jpg

こちらの記事に詳しく書きましたが、連動して複数サイトにレビューを掲載してもらうことができます。

giveApp
の他、
YAHOO!スマホガイド
エキサイトニュース
読めるモ
財経新聞
mobilenavi(モバイルナビ)
にも連動で掲載されています。

20150316004.jpg

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村

キッズアプリCOMで「くまちゃんのおはしトレーニング(iOS版)」のレビューが掲載されました

子供用ゲームアプリ(知育・学習アプリ)絵本アプリのレビューサイト「キッズアプリCOM」で「くまちゃんのおはしトレーニング(iOS版)」が紹介されました。

こんな感じで載せてもらっています。
20150316001.jpg

掲載URLはこちらです。
http://www.kids-app.com/archives/4169.html

キッズアプリCOMさんには以前、トイトレくまちゃんも載せてもらっています。
今回も、ありがとうございました。
子供向けアプリの情報が多いサイトなので、「くまちゃんのおはしトレーニング(iOS版)」には客層的にとてもマッチしたサイトだと思います。

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村

【情報・Android】人気アプリの「類似アプリ」になるとDL数がちょっと伸びるようです!類似アプリになるコツとは?

謎のDL数増加があり、おもしろい発見をしたので、ご紹介します。
こちらのグラフをみてください。

冷凍できる・できない事典の「一日のインストール数」の推移です。
004.jpg

比較的たくさんダウンロードされている個所を四角で囲っています。
左のピンクの四角部分は雑誌に載ったことによるものです。→「週刊誌「女性自身」に「冷凍できる・できない事典」が掲載されました
中央のピンクの四角部分はバージョンアップやレビューサイト掲載によるものです。19-18.appcCloudの無料レビュー掲載でDL数がどれだけ伸びるか

一番右の赤い四角が謎で、中央のピンクの四角の余波かと思ってたんですが、レビュー掲載のピーク以上にどーんと上がる傾向もあったりするので、絶対違う!と思いまして、調べていました。
これまでもそうですが、だいたいDL数が急激上がったらGoogleやYAHOOのリアルタイム検索などで調べるとレビューサイトに掲載されていたり、原因はわかるものが多かったです。
今回はなかなかわからなかったのですが、たぶん、これでは?というのをやっと発見しました。

チラシルというアプリがありまして、ご存じのかたも多いかと思います。
関東版だけで「ダウンロード数100,000~500,000 」と表示されていますから、人気アプリです。
私も名前くらいは聞いたことあって、スーパーのチラシが見れちゃう、主婦にはうれしいアプリというやつですよね。

そのアプリダウンロードページのですね、下のほうにスクロールしていただいて、
001_20150302140457d28.jpg

「類似アプリ」ってとこありますよね。
002.jpg

類似アプリがいくつか表示されてて、同じくチラシのアプリとか、スーパーマーケットのアプリとかですね、右の方の「>」みたいなのを押すと類似アプリの続きが見れます。

するとですね、「類似アプリ」の2ページ目か3ページ目あたりにですね、いるんです!

003.jpg

いたー!
最後から2番目あたりに、「冷凍できる・できない事典」がいましたー!



お得情報を常時察知する主婦の皆さんが使う「チラシル」というアプリですから、そのユーザの中には、他にもお得情報を得るアプリがないか「類似アプリ」を眺めたりすることも多いかもしれません。
スーパーの特売情報を得たいと思う「チラシル」ユーザのみなさんは、節約のために普段よりお得な値段でたくさんお野菜やお肉を買って、使いきれなかったものは冷凍しておくことも多いかもしれません。
食材や料理が冷凍できるか、冷凍保存のコツやなんかも調べられる「冷凍できる・できない事典」はそれはそれはもう、「チラシル」ユーザの皆さんにぴったりのアプリなのです!
10万人以上のユーザがいるアプリですから、「類似アプリ」の3ページ目までたどり着き、ちょっとダウンロードしてみる人が数十人いてもおかしくありません。

なんという宣伝効果でしょうか。
主婦向け雑誌に載ったときくらい、宣伝対象がばっちりハマっています!

というわけでチラシル様、オコボレにあずかりまして、ありがとうございます。
どういうアルゴリズムか知りませんが、GooglePlayさんも、チラシル様と類似アプリと判断していただいてありがとうございます。

類似アプリに表示されるアルゴリズムを考えてみました。

アプリの説明文だけで言うと「特売日に買いすぎた野菜を冷凍保存しよう」みたいな文面がちょっとだけありますが、それ以外類似性は感じられません。
もっと他に似てるアプリいっぱいあるよね、と思います。
なので説明文にプラスして、ユーザーが被ってる率とかもあるのかなーと感じます。

それから類似アプリ内でのランキングが表示対象外だったところから表示される3ページあたりまで上昇してきた、と考えると、直前にあったグラフのピンクの四角部分、レビューサイト掲載による「一時的な急上昇」とかも関係してそうです。

あとはやはりチラシルで特売で野菜買いすぎた!って人が「これって冷凍できんの?」って調べたくなったことから「チラシルダウンロード」→「冷凍できる・できない事典」ダウンロードという動作を行った(ダウンロードの順番と連続性)ことによるものかなー?とも思います。
(「ユーザーが被ってる率」と同じに思えるかもしれませんが、これの次にこれをダウンロードした、って意味で「ユーザーが被ってる率」とはまた別と思い挙げてみました)


というわけでまとめると、人気アプリの「類似アプリ」に表示されて恩恵を受けることがある!
恩恵を受けるには
・カテゴリや説明文で類似と判断され
・ユーザが被っている率なども高く
・通常のランキング(急上昇ランキングなど)が上がること

が大事そうです。(予想です)

「ユーザが被っている率」を上げるにはさ、私はもう、「冷凍できる・できない事典」に「チラシル」のアプリの宣伝広告を載せたらいいんじゃないの?とかちょっと思っちゃいました。
なんか何かに違反しそうでやんないけど。


予測通り「急上昇ランキング」が関係しているのであれば、チラシルの「類似アプリ」でいられる期間は一時的なものだと思いますので(実際ちょっと下がったりしていますので、)、今後も弱小デベロッパーであることは変わりなさそうです。
-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top