スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
--/--/--(--)
スポンサー広告

2013年9月のインストール数、広告収入を公開!

さて、9月のダウンロード数や広告収入の結果を報告します。

と、その前に、9月末に、初めて収入の振込があったのでお知らせします!
毎月収入報告はしていましたが、7月分は振込の最低金額の3000円に満たなかったので、繰り越されました。
なので、実際に手に入ったのは初めてです。
それからキャンペーンの報酬も一緒に振り込まれました!

7月分の広告収入:644円
8月分の広告収入:3853円
キャンペーンの報酬(3000円×10アプリ):30000円
振り込み手数料:-420円
--------------
合計:34077円
無事に手にすることができました!わーいわーい!
201309001.jpg

無事に振り込まれるまではドキドキしました。感激です。
デベロッパー登録費用(25$)と、トイトレくまちゃん作成時のクレイアニメ材料費(粘土代・三脚代:計200円)も無事回収できました。

キャンペーンって何ぞ?って人はこちらの記事を読んでください。

ちなみにnendさんの振込手数料はこのようになっています。
-----------------------------------
同店(三井住友銀行渋谷駅前支店)宛3万円未満 105円
同店(三井住友銀行渋谷駅前支店)宛3万円以上 210円
当行(三井住友銀行渋谷駅前支店以外の店舗)宛3万円未満 210円
当行(三井住友銀行渋谷駅前支店以外の店舗)宛3万円以上 420円
他行(三井住友銀行以外の金融機関)宛3万円未満 525円
他行(三井住友銀行以外の金融機関)宛3万円以上 735円
-----------------------------------
私は三井住友銀行の別支店に振り込んでもらっています。
今回はキャンペーン分があったので、手数料で420円もかかってしまいましたが、来月からはおそらく210円の予定です。
収入が微々たるものなので、手数料もばかにならないですね。


さてさて、本題に入ります。
9月のDL数から。
GooglePlayでのアプリのダウンロード数はこうなりました!
(9月のDL数でなく、先月までの分も含む累計です。)

201309007.jpg


GooglePlayでの全てのアプリの総ダウンロード数の累計:2101

メディア掲載情報のカテゴリでご紹介したとおり、8月末あたりからメディアへの露出があったので、その成果が見えますね。

着々とダウンロード数を伸ばしてくれているのが「冷凍できる・できない事典」ですね。
一番メディアへの掲載も多かったアプリです。
1000DLが見えてきました。
GooglePlayの公開ページのインストール数の欄が、今「500~1,000」という表示なのですが、1000DL超えると「1,000~5,000」になるのでちょっと人気のあるアプリっぽく見えます。
楽しみです。

少しメディアへの掲載があった「トイトレくまちゃん」「いやいや期物語」「つづみでポン」もそこそこ増えました。
それ以外のアプリはメディアへの掲載が全くなかった結果が出て、やはり数DL程度にとどまりました。


Tapnowでの公開もしているのでそちらのDL数も公開します。
Tapnowでのアプリのダウンロード数はこうなりました!
(累計DL数が先月までの分も含む累計)

201309006.jpg


Tapnowでの全てのアプリの総ダウンロード数の累計:79

先月と同じくらいの伸び率ですね。
8月9月は「新着アプリ」のところに表示されているアプリがありましたが、だんだん繰り下がって表示されなくなるので、今後ガクッと落ちる可能性があります。


それから9月からAmazonでも一部試験的にアプリを公開していますのそちらも見てみます。
お試しで有料アプリにしてみたり、広告を外してみたり、かなり実験的なのでこちらは参考までにどうぞ。

201309002.jpg


次は、皆さん気になる9月の広告収入です。

アプリ別がこちら!(過去の累計ではなく、9月分のみ)

201309004.jpg


今月の合計はこちら!(過去の累計ではなく、9月分のみ)

201309003.jpg

9月の広告収入:3650円


目標としている「毎月3000円前後の振込がある状態」はなんとかキープです。
ホッとしました。
ただ先月より若干減っています。
メディアでの露出が結構あった状態で減っているわけですから、今後はなかなか苦戦しそうです。
新たにそこそこDLされるようなアプリをリリースしないとキープは厳しいかもしれないですね。

DL数は「冷凍できる・できない事典」が一番多いけど、広告収入は「トイトレくまちゃん」が一番多い、という状態は先月同様です。(どうしてこうなっているかは先月の記事で考察しています)

さらに今後厳しくなると思われるのは、稼ぎ頭の「トイトレくまちゃん」がおそらく伸びなくなります。

トイレトレーニングって「夏場に終わらせる」「春夏でやる」ってご家庭が多いんですよ。
育児書などにも「夏がおすすめ」的なことが書いてあります。
・冬場の厚着してる時期にトイレトレーニングをすると、お漏らししたときに洗濯が大変。
・夏場はおうちの中では下半身パンツだけで過ごしても気候的に問題ない。
などの背景からそうなっています。

なので例えば2歳の夏でトイレトレーニングをしたけど、おむつとれなかった、という場合、しばらくお休みして、3歳の夏に再度トイレトレーニングしよう!というようなご家庭もあります。
もちろん冬にトイレトレーニングするご家庭もいますが、夏場よりは少なくなるので、だんだん寒くなってきて、今後は「トイトレくまちゃん」のDL数はそんなに伸びないと思われます。

それから長期的にみても、「アプリをとっても気に入ってくれた人でも、トイレトレーニングが終わったら使わなくなる」ということがこのアプリに特徴的なところですね。
常に新たなユーザを獲得していなかないといけないわけです。


アンドロイダーで「公認アプリ」になったらいいな、と思っているのですが、もうずっと「候補アプリ」のままです。残念。


という感じで、ここからは厳しい戦いになりそうですが、なんとか3000円の広告収入をキープすべく、新たなアプリの構想を練ると共に、引き続き宣伝活動もがんばろうと思います!

そうそう、宣伝活動の一環として動画を作ったりしています。



動画を作って集客効果があるのかは謎ですが、何事もやってみようと思いまして。
「冷凍できる・できない事典」の動画のようにアンドロイダーでかっこいい動画を作成してもらいたいのですが、公認アプリにいつまでたってもならないので、あきらめて自分で作ってみました。

作ったというか動かしているところをデジカメで撮ったそのままの動画です。
テロップとか入れたいんだけど、動画編集ソフトを動かすには難があるレベルの低スペックパソコンで作業している為、あきらめてみました。
-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

アンドロイダーで「無限かぶぬき」のレビューが掲載されました

無限かぶぬき」がアンドロイダー公認アプリに認定されました。
わーいわーい!

アンドロイダーの登録からアプリが公認されるまではこちらのカテゴリーにまとめて書いています。


今回掲載されたURLはこちらです。
https://androider.jp/official/app/0e09e4342809a0e0/

2013100401.jpg


とってもとってもありがたいですが、正直びっくりというか意外というか。
何度も書いていますが「トイトレくまちゃん」がアンドロイダー公認アプリになったらいいなぁということを常々思っているんです。

私からみた「アプリおすすめ度」「開発がんばった度」「お役立ち度」どこを取っても、「トイトレくまちゃん」のほうがずっとずっと上です。
いったいどういう基準で選ばれるんだろう・・・。
不思議です。
でもまあ正当に評価はされているでしょうから、私の考える基準とは異なる基準で選ばれているのでしょう。
仕組みとしては隊員さん(アプリを評価する人たち)が投票するわけなので、「たまたま目に止まった/目に止まらなかった」とかの要素も大きいと思います。


で、今回、ひとつ公認アプリに選ばれるときの規則性を発見しました!
たまたまかもしれませんが、まとめて3つとか登録したときは、そのうち1つのアプリしか公認されないということです。

おお!
なかなか大発見ですよね?

確かに多種多様なアプリを発掘するには、一人の開発者に偏ってアプリを探すよりも、たくさんの開発者のアプリを1つずつ見ていったほうがいいと思うので、これは選ぶ側の心理としてあるかもしれません。
というわけで、今後まとめて複数のアプリを登録しようと思ってる人は、ちょっと期間を空けて登録してみたら、選ばれる確率がちょっとだけ上がるかもしれません。
-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村

15-1.Samsung Appsにデベロッパー登録

これまで、作成したAndroidアプリをいろんなところで公開してきました。
各カテゴリで登録方法などを説明しています。
GooglePlayストアで公開
Tapnowで公開
Amazonアプリストアで公開

次はSamsung Apps(サムスンアプリストア)というマーケットで公開してみます。
Samsung Appsに登録する利点としてはサムスン製のスマートフォン、タブレットでプリインストールされているマーケットなため、それらのユーザを取り込める点だと思います。
といってもGooglePlayストアも使えるので、サムスン製端末だからといってサムスンマーケットを必ず使っているわけではないです。
Samsung製の端末は世界的にみても結構なシェアを占めているそうで、海外向けにアプリを公開するならなかなかDL数が伸びるとの噂です。
ものによりけりだとは思いますが、GooglePlayよりDL数が大幅に多いという場合もあるようです。


私のアプリは今のところ広告(nend)が日本国内のみに対応なので、海外に進出してもあまり意味が無いので、今回は「とりあえず登録作業を試してみる」程度にしておきます。
(今後DL数がおそろしく伸びたりしたらまた考えますが)


というのも、1つだけアプリを登録してみたのですが、審査で落ちて戻ってきて再審査に出したりして、結構大変だったので、そのほかの全部のアプリを登録するという作業が面倒になったためです。

なんだか登録するのに、入力する項目やしなきゃいけない作業がやたら多いんですよね。(気のせい?)
英語なだけで私にとっては結構大変なんですが、さらに入力や作業が多くって疲れました。
Amazonアプリストアも英語ですが、そっちはそんな苦にならなかったんですけど。

というわけで、ひとつのアプリだけ無事公開にいたりました、ということをご参考までに記事にさせていただきます。


さて、ではデベロッパー登録からです。

こちらのURL:http://seller.samsungapps.com/
からSamsung Apps Seller Officeというアプリ登録者のページにアクセスします。
先ほども書きましたがデベロッパー用ページは英語です。
言語の切り替え機能がありますが、中国語と韓国語と英語とスペイン語のみです。
(アプリの利用者側のページは日本語でも表示できます。)

右上の「Join Now」をクリックします。

samsung001.jpg

こんなページが開きます。
下のほうの「seller type」を選びます。
個人か企業かということですね。
samsung002.jpg

次はこんな画面。
モバイルアプリを公開するので「Mobile Seller」を選択します。
samsung003.jpg

下へスクロールすると「Basic Information」という部分。
名前や住所などを登録します。
samsung004.jpg

その次が「Information for Seller Page」これは登録者の情報が載るページの構成ですね。
アプリの公開ページには、アプリの製作者の名前が表示されて、そこをクリックすると表示されるページのことです。
samsung005.jpg

次は「Samsung Apps Seller Office Terms of Use / Privacy Policy」というページ。
プライバシーポリシーに同意する、的なところにチェック。
samsung006.jpg

こちらも同様に同意するよ的なところにチェック。
samsung007.jpg

「Welcome to Samsung Apps.」と出ました!
ウェルカムだそうです。
samsung008.jpg

登録したメールアドレスにこのようなメールが届きます。
URLをクリックします。
samsung009.jpg

開いた画面から、先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力して「Log In」ボタン。
samsung010.jpg

「Congratulations on becoming a Seller Office member!」という画面になりました。
無事にデベロッパー登録できたようです。

「+Add Free Application」というボタンがあるので早速アプリが登録できる状態になりました。
samsung011.jpg

次回はアプリの登録方法の記事を書きますね。
-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村

15-2.Samsung Appsにアプリを登録

さて、ユーザ登録がおわったのでアプリを登録します。

ユーザ登録が終わると「+Add Free Application」というボタンが押せるようになったので押します。
こちらの画面になります。
「Add New Application」というページの「Basic Infomation」というところです。
アプリ名やOSの情報などを入力します。

samsung012.jpg

右上に「Information for the application must be written in English.」と書いてあります。
情報は英語で書いてねーってことらしいです。
なので「審査の人が読むところは英語、アプリの公開ページに載ると思われる部分は日本語(日本人向けに公開したいので)」で書いてみたんですが、どっか1箇所(もしくは数箇所)英語で書くべきところを日本語で書いてしまったようで、審査落ちしました。
どこが該当箇所かわからなくて、その後、修正時に、面倒なので全部英語にしちゃいました。
なので日本人向けなのに英語で公開っていう意味わかんない状態で公開することに・・・。
直したいけど、面倒なのでそのまま放置してあります。気が向いたらそのうち。


「Binary Upload」というボタンを押すと、このようなダイアログが出ます。
解像度などを入力。
samsung013.jpg

そしてapkファイルをアップロードしてみたんですが、ファイルを選択したらこんなWarningエラーが出ちゃいました。
samsung014.jpg
ファイル名にアンダースコア「_」は使っちゃだめってことみたいです。
Monacaでビルドすると「20130914085733-MonacaActivity-release.apk」な感じのファイル名でapkファイルが作成されるため、これまでずっと、どこのマーケットでもそのままの名前でアップロードできていましたが、サムスンストアはだめみたいですね。
リネームするだけですが。

無事にapkファイルをアップロードしたら、次は「Display Information」というページです。
アプリの公開ページに載る情報を淡々と入力します。
samsung015.jpg

「Basic Infomation」「Display Information」双方なんだか項目がやらたと多かった印象です。
一度審査に落ちて再度見直したりしたからそう思うのかもしれませんが、
GooglePlayやAmazonアプリストアでは入力したことのない選択肢や入力値でいちいち翻訳サイトとかを使ったので非常に疲れました。


必須項目だけでも全部埋めるぜ!ということでなんとか
「Application registration has been completed.」
と表示されました。
その後審査に入るようです。
samsung016.jpg

01.Pre Review
02.Content Review
03.Device test
04.Confirmation

と書いてありますね。
しっかり審査されるようでドキドキです。

続きは次回の記事に記載します。
-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村

15-3.Samsung Appsでアプリを公開できました

さて、無事アプリの情報を登録ができました。
ここから公開まで結構時間がかかりました。
まず審査自体が結構長いです。

1度審査に落ちてやり直してるので最短が何日なのかわかりませんが、
最初にアプリの情報を登録してから審査に落ちましたって
連絡が来るまでで10日くらいかかっています。
こちらで情報を修正して再審査をして公開されたのがさらに10日かかりました。

審査の状況はざっくりとですが画面で確認できます。

こんな感じでステータスが見れます。
最初はこうで、
samsung017.jpg

こんな感じになって、
samsung018.jpg

こうなって
samsung019.jpg

無事に「On sale」になりました。
samsung021.jpg
samsung020.jpg

公開ページはこんな感じです。
samsung022.jpg

公開URLはこちらです。
http://apps.samsung.com/mercury/topApps/topAppsDetail.as?productId=000000660779

さっきも書きましたが、一度審査が通らなくて戻ってきています。
駄目だった理由が詳しく書いてなくて、「基準に沿ってないので資料を見て登録しなおしてね」
くらいのざっくりした理由だったので、悩みました。

前回の記事でも書きましたが、英語で登録しなきゃいけないどこかの項目(複数かも)が日本語になってたっぽかったのが悪かったと思うのですが、それが特定できなかったので(特定するのが面倒だったので)あちこち一気に英語に直してみました。
そしたら審査に通ったので、結局どの項目がいけなかったのがわかりませんでした。

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。