D-6.AppleStoreにアプリを登録・appcCloud広告の最終設定

さて、前回記事の続きです。

無事に審査にも通り、アップルストアで自作のiPhoneアプリを公開できました。

まだちょっとだけやることが残っています。
今回nend広告とappcCloud広告を入れてリリースしたのですが、appcCloud広告の設定画面から、最終設定をする必要があります。

これをしないと、広告が表示されても収益にならないのでご注意ください!

以前、「C-2.MonacaでiPhoneアプリを作る・appc Cloud広告iOS対応させる」という記事で紹介したとおり、appcCloudの管理画面から、アプリ情報を登録しています。

この画面ですね。
20150528006.jpg

そのときは
「Apple ID はデフォルトで9999とかが入っているのでひとまずそのままに。
BundleIDは必須ですがビルドしないとわからないのでダミーで適当に入れておきます。
このふたつは後で書き換えます。」
ということでご紹介していました。

仮の値が入っている、「Apple ID」「BundleID」を入力して保存しておく必要があります。

BundleID はmonacaの画面で確認できます。

IDE画面の上部のメニュー「設定」から「iOSアプリ設定」を選択します。

20150729001.jpg

20150729002.jpg

この画面でAppleIDのところに入っているのがappcCloudの管理画面の「BundleID」に入力すべき値です。



Apple IDはituneStoreのアプリを登録した画面で確認できます。

20150729210.jpg

アプリのアイコンの下に「Apple ID」とうところがありますね。この数値がappcCloudの管理画面の「Apple ID」に入力すべき値です。

「Apple ID」「BundleID」を保存したら対応は終わりです。広告が正常に機能するようになりました。

これでmonacaによるiPhoneアプリの作成からリリースまでの手順をすべてご紹介し終わりました~!疲れた~!
では、思う存分アプリの宣伝などをしてください!

審査のリジェクト対応など個別の事象は随時ご紹介していきますね~!
-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

D-5.AppleStoreにアプリを登録・審査待ち~審査中~販売準備完了までの期間と流れ

さて、前回の続きです。

アプリを審査に提出しました。何日くらいかかるのか、気になるところですね。混んでる時期などもあるみたいで、そのときによってまちまちのようです。

私の提出したアプリが具体的に何日かかったかご紹介しますね。リジェクトされたときの流れも同時にご紹介します。

アプリを登録したページの一番下に「ステータス履歴」というリンクがあって、クリックすると履歴を見ることができます。

20150904017.jpg

■1月10日の23時ごろ「レビューに提出」を押して、ステータスが「審査待ち」になりました。
 ほぼ同時刻に「Your app status is Waiting For Review」というタイトルのメールが届きました。

■その10日後、1月20日の10時ごろ、ステータスが「審査中」になりました。
 ほぼ同時刻に「Your app status is In Review 」というタイトルのメールが届きました。

■その5時間後、1月20日の15時ごろ、ステータスが「却下済み」になりました。
 ほぼ同時刻に「iTunes Connect: Your app "トイトレくまちゃん" (Apple ID: XXXXXXX) has one or more issues」というタイトルのメールが届きました。

スクリーンショットが違うアプリのものですが、こんな感じで進めます。
アプリを登録したページを開くとこんな表示になっています。

「この App は App Review により却下されました。詳細については問題解決センターを参照してください。」

20150904016.jpg

「問題解決センター」の部分のリックをクリックすると問題解決センターページが見られますので、リジェクトされた(審査落ちになった)理由がつらつら書いてあるので対処をします。

20150904015.jpg

問題解決センターは英語で書かれているのでグーグル翻訳をフル活用しました。

対処とは具体的には
(1)ソースを修正してビルドし、アプリをアップロードしなおす。
(2)アプリ登録ページの入力内容を修正する。
(3)リジェクトされた理由が不服な場合やよくわからない場合は「問題解決センター」内に投稿欄があるので記載して待ちます。

などがあります。

(3)の場合、投稿欄は英語でやりとりします。文字のやりとりだけでなく、アメリカ(?)から国際電話がかかってくることもあります!電話の主は日本人ではありませんでしたが、主に日本語でしゃべってくれました!すごく丁寧に対応していただきました。

実は対応が難航をしてしまい、何ヶ月も先に進んでないアプリもあります・・・。iPadだけに発生するバグがあるみたいなんですが、実機がないので修正できず・・・無念・・・。

というわけでここが皆さんの一番の難所であり、挫折どころかもしれませんね。がんばってください・・・。

さて、無事に(1)(2)(3)などの対応をした後、ふたたび「レビューへ提出」を押します。

今回の例だとすんなりいったパターンで、続きます。

■「却下済み」から半日後、1月21日の2時ごろ、「レビューに提出」を押してステータスが「審査待ち」になりました。
 ほぼ同時刻に「Your app status is Waiting For Review」というタイトルのメールが届きました。

■その7日後、1月28日の14時25分ごろ、ステータスが「審査中」になりました。
 ほぼ同時刻に「Your app status is In Review 」というタイトルのメールが届きました。

■その20分後、1月28日の14時45分ごろ、ステータスが「App Store への処理中」になりました。
 ほぼ同時刻に「Your app status is Processing for App Store 」というタイトルのメールが届きました。

■その7分後、1月28日の14時52分ごろ、ステータスが「配信準備完了」になりました。
 ほぼ同時刻に「The status for your app, トイトレくまちゃん (XXXXXXX), is now Ready for Sale.」というタイトルのメールが届きました。

ステータスが「配信準備完了」になってから実際にアップルストアに表示されるまで、正確にはわからないのですが、さらに数時間程度かかったようです。

そして無事にリリースとなりました~!ぱちぱち~!

トイトレくまちゃんのリリース時の流れでした。

20150904018.jpg

これはかなりすんなりいったのですが、
審査→却下→指摘事項をすべて対応して提出→審査→別の指摘事項による却下→対応・・・
というように、別の指摘事項が出てくることがあるので、複数回リジェクトされるパターンもありました。


どのエラーにどう対応したらOKだった、という具体的なリジェクト対策はこちらのカテゴリで徐々に紹介してきます。まだまだあるので・・・→Z.iOSアプリ審査リジェクト

で、無事リリースしたから完了!というわけでなくて、実はappC cloud広告の最後の設定がまだ残っています。
次回ご紹介しますね~。
-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村

D-4.AppleStoreにアプリを登録・アプリをレビュー(審査)に提出

前回記事の続きです。

前回はApplication Loaderでアプリをアップロードしました。その後、数分経つとアプリの登録画面にもアップロードされたアプリが表示されます。

iTuneConnectにログインして「マイAPP」のところから登録中のアプリを選択します。このとき、ステータスは「提出準備中」になっていますね。

20150904010.jpg

アプリの登録ページはこんな感じになっています。レビュー(審査)提出するにはビルドを選択する必要があります。

20150904011.jpg

同じページを下にスクロールしていくと、「ビルド」という部分があります。
20150904012.jpg

「ビルド」の文字の右となりにある「+」マークを押すと、このように先ほどApplication Loaderでアップロードしたアプリの情報が表示されるので、選択して「終了」を押します。

20150904013.jpg

ビルドの選択はこれでおしまいです。
「ビルドを選択してください」のエラーはでなくなりましたが、アプリと画面で入力した内容に矛盾があるとここで、さらにエラーが出て来ることもあるので、エラーの指示にしたがって入力してください。

20150904014.jpg

エラーがすべてなくなったら「レビューへ提出」ボタンを押して完了です。

ステータスが「提出準備中」から「審査待ち」に変わります。

「Your app status is Waiting For Review」というタイトルのメールが来ます。ステータスが変わるとメールが来るので審査が終わるのを今か今かと待ちます!
どきどきですね。

審査待ちにどのくらいかかるか、審査に落ちたときの対応方法の大まかな流れなどを次回ご紹介しますね。

どのエラーにどう対応したらOKだった、という具体的なリジェクト対策はこちらのカテゴリで徐々に紹介してきます、→Z.iOSアプリ審査リジェクト

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村

D-3.AppleStoreにアプリを登録・Application Loaderでアプリをアップロード

前回記事の続きです。

Application Loaderのインストールが終わったので早速アップロードしましょう!

Application Loaderを起動し、「同意します」をクリック。

20150731006.jpg

「iTunes Connect」に入った時と同じIDパスワードでログインします。

20150731007.jpg

「次へ」を押します。

20150731008.jpg

こんな画面になります。「Appをデリバリ」を選択します。アプリファイルをアップロードする作業のことをデリバリというみたいです。

20150731009.jpg

登録したアプリが一覧表示されるので選択し、「次へ」を押します。

20150731012.jpg

内容を確認し、「選択」ボタンからアプリファイルを選択します。

20150731010.jpg

リリースビルドしたときに「2015011107825-release.zip」みたないな名前のファイルができたかと思いますので、それを選択します。

20150731011.jpg

アップロードが開始されます。

20150731013.jpg

アップロードが終わると「iTunes Storeにアップロードしました」と出ました。
20150731014.jpg

さて、次は「iTunes Connect」の画面を再度ひらいて、アップロードできているか確かめましょう。
「アップロードしました」と表示されてから、「iTunes Connect」画面で確認できるまでに数十秒から数分かかるみたいでした。

次回は審査に提出します!

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村

D-2.AppleStoreにアプリを登録・Application Loaderのインストール

前回記事の続きです。
AppleStoreでアプリを公開するために、「iTunes Connect」でアプリの情報を登録している途中でした。

前回記事のように、必須項目を埋めたり、スクリーンショットを作ってアップロードしていくと、必須項目を入力してくださいというエラーがどんどんなくなって、最終的にこんな感じになります。

20150731001.jpg

ビルドを提出してね。っていうエラーのみになったら、次はビルドしたアプリをアップロードします。この画面からエイッとできればいいんですができません。

画面下のほうの「ビルド」というところにこのように表示されています。

20150731002.jpg

アプリをアップロードするには「Xcode」もしくは「Application Loader」というソフトを使う必要があります。ここまでWindowsパソコンを使っていた人も唯一ここだけはMacを使う必要がありますのでご注意ください!

逆に言うと、monacaを使えば、このアップロード作業以外はすべてWindows機でできます!びっくり!これだけー?!

「Xcode」もしくは「Application Loader」ということで、ここでは「Application Loader」を使います。
何が違うかというと、「Xcode」はiOSアプリを作るための総合的なソフトでコーディングやビルドやアプリのアップロードなどを行う機能があります。
「Application Loader」はアップロードするだけのソフトです。
なのでmonacaユーザさんは「Application Loader」でいいと思います!

この画面の「Application Loader」と書いているところがリンクになっているのでそこからソフトをダウンードし、インストールします。

インストーラーを起動するとこんな感じ。

20150731003.jpg

全部デフォルトで次へとかを押していくとサクッとインストールは終わります。

20150731004.jpg

アプリ一覧に「Application Loader」が出てればOKです!

20150731005.jpg

続きます。

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top