スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
--/--/--(--)
スポンサー広告

16-11.GMOSSPの広告をMonaca作成のアプリに組み込む方法

GMOSSPのユーザ登録の方法を前回の記事でご紹介しました。

今日はGMOSSPの広告をMonaca開発のアプリへ組み込む方法をご紹介しますね。
何度もご説明していますが、Monaca開発のアプリはSDKが使えないため、javascriptタグで組み込む必要があります。


GMOSSPのjavascriptタグは管理画面から取得できます。
もしくは、広告枠の申請はメールで行うのですが、「SDKでなくjavascriptタグで組み込みたい」という趣旨をあらかじめ伝えておくと、タグをメールで送ってくれたりもします。

ちょっとわかりにくいところにありました。

管理画面にログインしたら、
→「上部のタブの「広告枠」をクリック
→「広告枠一覧」をクリック
→タグを取得したい広告枠名のリックをクリック
→中央のタブの「配信タブ」をクリック
でこのような画面になります。

20131128001.png

こんな感じのタグが表示されていますので、ここからコピーしてください。

<script src="http://sp.gmossp-sp.jp/ads/loader.js" charset="utf-8" language="JavaScript"></script>
<script language='javascript'>
gmossp_forsp.ad('XXXXX');
</script>


XXXXXの部分が広告枠ごとに変わる感じですね。

あとは、Monacaを起動して、このタグをindex.thmlなどの広告を表示したり場所に貼り付けるだけです。
どきどきしながらMonacaデバッガーで起動してみると・・・
表示されました!
管理画面からもimp数が上がることが確認できました。
わーい!パチパチパチ!

さて、注意して欲しいのはこの画面の下の部分の表記です。

「配信タグは、RTB、ADResult、InMboi、nendのみ配信可能です。」とあります。
SDKで広告を導入する人たちとまったく同じサービスが受けられるわけではないようです。
前回の記事でもご説明しましたがSSPは複数のアドネットワークを切り替えることによって、収入を最大化するようなことが目的なので、より多くのアドネットワークを利用できたほうが有利です。
そのへんご注意くださいね。
私は海外向けにマネタイズできるのであれば、もう収益の微々たる差は気にしないのでこのまま進めます。


という感じで、1週間ほど放置してみました。
すると、クリック数や表示回数はこんな感じに。


20131128002.png

基本的な機能は一応機能してそうですし、Inmobiがたぶん海外で配信された感じだと思うので、
海外配信もできてそうな気がします。
まだなんとも言えませんが、海外向け広告に関しては、おそらくこれまでで一番いい感じかな、と。

このまま1ヶ月くらい継続してみて、よさそうなら海外向けはここ1本に決めちゃいます。


ちなみにGMOSSPさんの最低振込金額は3000円です。振込手数料はGMOSSPさんが払ってくれるそうです!
nendで毎月毎月手数料払っていることを思うと、とてもやさしいですね!


そんなこんなで、海外進出の為の広告の調査や検証もいったんここまでとします。



さて、今月は海外向け広告の検証などが中心で、新しいアプリのリリースに漕ぎ着けませんでした。
しかし!
それも今月まで!
来月は数本(マジです!)リリース予定です。

新たな方向性で、あるものをシリーズ化してアプリをリリースする予定です。
プロジェクトを始動しますよー!
準備は着々と進行中です。
お楽しみに!
-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

16-10.GMOSSP for Smartphoneのユーザ登録

Fluctの海外配信がどうもうまくいかなかったので(こちらの記事こちらの記事で詳しく書いています)、一部のアプリでGMOSSP for Smartphoneという広告配信サービスの利用を開始しました。


GMOSSP for SmartphoneもFluctと同じで、アドネットワークではなくSSPという、「複数のアドネットワークの広告を切り替えて配信するサービス」です。



「Fluctで海外配信がうまくいかない」と書きましたが、Fluctが悪いわけでなく、
Monaca開発アプリとの相性などの可能性もありますので、誤解のないようにしてください。

Fluctは国内配信に関しては、なかなかいい感じで、管理画面も見やすくて、
何よりのいいところは最低振込金額が1000円ということです。
弱小開発者にとって、とってもありがたいです。
これからアプリ開発を始めるけど、アドネットワークの最低振込金額まで行くか心配、というかたには一番のおすすめです。
なので一部のアプリはFluctの利用を継続しつつ、特に海外でのDL数が大きいものについては
GMOSSP for Smartphoneに随時切り替え中です。


肝心の海外配信がうまくいっているかについては、様子を見ているところです。
今のところ、なんとなくいけそう?!
やっと落ち着けるか?!
やっと「Monacaでも利用できる、海外向け広告探しの旅」が終えられるでしょうか!


というわけで、GMOSSP for Smartphoneの登録方法や、Monaca開発アプリへの広告の組み込み方について、ご紹介しておきますね。


まずは、GMOSSP for Smartphoneのサイトのトップページにアクセスします。

GMOSSP001.jpg


一番下の「お問い合わせはこちら」をクリックします。

GMOSSP002.jpg


すると、お問い合わせフォームの画面に飛ぶかと思いきや、申込みフォームの画面に入りました。

GMOSSP003.jpg



必須項目に
・サイト名称
・サイトのURL
・月間総ページビュー(PV/月)
があります。

サイトじゃなくアプリなんだけど大丈夫かしら、と思いながらも、問い合わせ先がわからないので
(なぜなら、問い合わせ先を探していて、申込みフォームが出できたんです)
自己判断で入力。

・サイト名称 →アプリ名
・サイトのURL →GooglePlayのアプリ公開URL
・月間総ページビュー(PV/月)
  →ここは何の数値を入れていいのか迷ったんですが、日本語で入力も可能だったので、「40imp×30日=1200imp/月」というような書き方をしてみました。(既に貼ってある広告のおかげで、imp数がわかっていたため)

という感じで、必要事項を入力して送信ボタンを押します。


審査があったのか、誰でも通るのかはわかりませんが、
送信してから3日後に担当者のかたから「アカウントの開設を開始します」という趣旨のメールが来ました。

わーい、一応使わせていただけるみたいです。




何度かメールのやり取りをして、希望する広告サイズや掲載する広告のNGジャンル
(子供向けアプリなので、アダルトや出会い系の広告などをNG指定しました)などを連絡します。

途中、Excel形式のファイルに記入してメール提出が必要だったりします。
何を隠そう、我が家のパソコンにOfficeは入っていませんので(衝撃の事実を告白させていただきました?)、OpenOfficeでがんばりました。

あと印鑑が捺印された原本書類が必要らしく、紙の書類の郵送が必要です。
何を隠そう、我が家にはプリンターがありませんので(衝撃の事実を告白させていただきました、パート2)、コンビニでプリントアウトしました。
便利な世の中です。


なので、このブログで紹介しているアプリ開発は、基本的に「無料で開発」の方針ですが、
今回は切手代、プリントアウト代など数十円程度の経費がかかりましたのでご了承ください。


というわけで、メールや書類のやりとりを地道に繰り返し、アカウントの作成、広告枠の作成は順調に進み、
管理画面に入ることができるようになりました。
こんな感じです。

GMOSSP004.jpg


管理画面で自分で広告枠を作成するようなnendと比較すると、
今回は担当者のかたとのメールのやりとりで手続きが進むので、一見面倒そうに思うかもしれませんが、GMOSSP for Smartphoneの担当者さんは結構レスポンスが早いので、アカウント開設までは特に気になりませんでした。
朝メールしたら昼過ぎに返事が来る感じのペースです。
なかなかサポート体制も充実していそうな感じがします。


次回はMonacaアプリへの広告の組み込み方をご紹介しますね。
-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村

16-9.Fluct謎の減収現象の続き

前回記事にしたFluctの件の続報です。
国内向けの広告配信はやっていて、収益が少しある状態だったところへ、海外にも配信できる設定も追加してもらったら、なぜかimp数クリック数がガクッと落ちるという謎の現象がおきたという話でした。
で、やっぱりどう考えてもおかしい!
問い合わせても「いや、ちゃんとできてますよー!」しか返ってこないので、とりあえず設定を元に戻してもらいました。
国内配信のみ、海外からアクセスされても表示しないという状態に戻りました(ぐすん・・・)

そうしたら案の定収益も元に戻りました・・・・。

20131119001.jpg

「国内のみ」から「国内+海外」に設定変更してもらったのが11日のお昼くらい。
「国内+海外」から「国内のみ」に戻してもらったのが15日の夕方くらいです。

絶対に海外配信うまくいってないよね?
海外配信だけうまくいってないならまだしも、「国内+海外」の状態のときは国内までだめになっている感じがします。
Monaca作成のアプリと相性が悪いのか、enchantやphonegapとの相性か。
はたまた私の組み込み方の問題なのか・・・。
サポートさんが「問題なく動いている」というからには、おそらくうまくいっているアプリもあるのでしょう。
これ以上調べようがないのでFluctでの海外進出はいったん断念です。


というわけでふたたび海外進出失敗です。
samsungのDL数は主に海外がいい感じなので、だいぶ収益化に失敗していますが、国内も0なわけではなく、Fluctの国内分だけの収益もまぁまぁなので、ひとまずはこのままにしつつ、新しいアドネットワークを探そうと思います。


「Javascriptタグで広告入れられますか?」「海外向けの広告に対応していますか」という質問を各所に問い合わせしてみたり。
返信が来たのは今のところ以下2つ。


GMOSSP
 ・Javascriptタグ→できる
 ・海外配信→できる(国内と海外を自動で切り替える)

アドフリくん
 ・Javascriptタグ→できない、SDKのみ


あとはいったん挫折したmediba adを再チャレンジしてみたり。
これは前にこちらの記事で詳しく書きましたが、広告を貼り付けてimpが上がるとこまでいったんですが、表示位置などがうまくいかなくて挫折していたもの。


というわけで海外進出の道のりはまだまだ長そうです・・・。やれやれ。


-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村

16-8.新たなアドネットワークを探す旅に出る・・・かも?

samsungアプリストアでのDL数がそこそこ順調にもかかわらず、相変わらずマネタイズがどうもうまくいっていません(泣)


最後の望みと思われたFluctさんの現状ですが・・・。
国内のみ配信がされていて、海外も広告表示する設定にしてもらった(設定に2週間くらいかかります)のですが、設定を変えたとたんに、その日からなぜかimp数&クリック数がガクッと減る(ほぼ0)という謎の現象が・・・。
あれ?海外どころか日本でもほとんど表示されなくなった?
むー。
おかしいなー。
配信がまだ始まっていないのかも?
「なんか変な気がします」と問い合わせても、すでにちゃんと機能していますとのこと。


国内は配信済みの状態で、海外で起動されても配信される設定を追加してもらっただけなので、増えることはあっても、百歩譲ってDL数は下降しているアプリもあるので、微減することはあっても、ガクッと大幅に減ることはあまり考えられない・・・と思うのですが・・・どうだろう?

DL数に関しては、リリースしたばかりのアプリは、まだ例のスタートダッシュ中(こちらの記事参照)のものもあるので、むしろ増えてもいいくらいだと思うのです。

2013111401.jpg


11日のお昼くらいに海外配信がスタートしました。
おかしいよね??私の気のせいじゃないよね?
11日で半減。12日でほぼ0です。

いや、気のせいかも?上がって下がってるから正しい推移かも?
うう・・・。
微妙です。
変だとは思うけど、「絶対変!おかしい!」と強く言えるレベルでもない・・・。


海外配信して「クリック単価」や「クリック率」が減るなら納得できますが、百歩譲って「クリック数」が減ってもまだたまたまかなと思えますが、imp数が減るのは納得いかないんですよね。
うーん、どうなんだろう・・・。

というわけで、しばらく様子を見つつ、最後の望みと思われたFluctさんから別のアドネットワークに乗り換える可能性も出てきたので、再びアドネットワークを探す旅に出ます・・・しゅん。
Inmobiのときもそうでしたが、1つのアドネットワークを検証するのに時間がかかるので、みつかるのにいったい何年かかるんでしょうね・・・。
(そのうちMonaca側がAdmobあたりに対応してくれるような気がするので、待ってたほうが早いかも?)


以前もご紹介したこちらのサイトさん(Monacaで導入できたという内容ではなく、javascriptタグで導入できるアドネットワークを挙げてくれてます)を参考に、次はGMO SSPに挑戦かな・・・。
ある程度大手じゃないと扱ってくれない可能性もありますが。



そうそう!話は変わりますが!
広告の話とは関係ありませんが、久しぶりにAmazonアプリストアのデベロッパー用ページにログインしてみたら、日本語へ切替ができるようになっていました!
おー!
Amazonさん、ありがとう!
amazonJpn.jpg

以前は英語と中国語の切替しかなく、初回はひとつひとつGoogle翻訳にかけて登録していました。
海外進出もしやすくなってきましたね!
Amazonアプリストアのデベロッパー登録方法やアプリの登録や審査についてはこちらのカテゴリで詳しく書いています。



ちなみにアドネットワークがみつからなーいって言ってるのは海外向けのものだけです。
国内は今のところnendさんで満足しています。
nendのユーザ登録やアアプリ申請方法、Monacaアプリへの組み込みかたはこちらのカテゴリで記事を書いています。

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村

16-7.Inmobi、Fluctで収益を得られそうか考察(最低支払金額、クリック単価など)

世界進出計画として、アドネットワークを探して、実際に組み込みを行ってみたり、検証を続けてきました。

・広告がMonaca開発のアプリにも適用できるか、ちゃんと機能するか

のみを条件に探してきて、なんとかInmobiとFluctで機能することろまでは確認できました。
さて、実際に収益が得られそうなのか、そのへんを考えてみます。

Inmobiのある1週間の収益についてみてみますね。

inmobiflusct001.jpg

→8クリックで$0.06(約6円) 1クリックあたり0.75円

nendがだいたい1クリック10円前後なので、それと比較するとだいぶ低い印象です。

ただクリック単価が低くても、表示できる国が他より広範囲なら、もしかしたら最終的に収益が多く得られる可能性もあります。
なのでとりあえずクリック単価は気にせず収益が手元に入りうるか、を考えてみます。

そうです、これらの仮算出された収益、手に入らないかもしれないのです。
たとえばある月の収益が10円だとします。
これ、振り込んでもらえないですよね。
振込手数料のほうが高いですもんね。
こんなのいちいち振り込んでたら破産です。

各アドネットワークで設定された「最低支払金額」ってもんがあります。
(名称は違う場合がありますがこれに相当するものがあります)


例えばnendだと、最低支払金額3000円で、振込手数料はアプリ開発者側が負担します。
ある月の収益が3000円に満たない場合は、翌月に繰り越されて、3000円に達した時点で振り込まれます。
3000円以上でも「毎月毎月は振込手数料がもったいないから、もっと大きい金額になってからまとめて振り込んでもらいたい!」という設定もできます。
繰越期間に制限はなく、何年かかっても3000円に達することができれば、振り込んでもらえます。
私のような弱小開発者にとっては、とっても親切!

「繰越期間に制限はなく」と書きました。
そうです。アドネットワークによっては、繰越期間に制限がある場合があって、一定期間最低支払金額に達さなかったら、収益は消滅します!
その場合、手元に収益は得られませーん!
ぎゃー!


Inmobiで収益が得られそうか、「最低支払金額」「繰越期限」をみてみましょう!

InmobiはヘルプとかWEB上のドキュメントのどこを探してもその記載がない!
どこをどう見ても「月末に締めて60日後に払います」という記載しかない!
(探し方が悪かった可能性もあります)
そもそも広告が機能するかが大問題だったので、そのへんあまり気にしてなかったのです。
というわけでサポートセンターに質問してみました!
こんな返信が。
-----------------------------------------------------------------
お支払いの最低金額は銀行振込とPaypalとで異なり、それぞれ以下の
金額が最低支払金額となります。

銀行振込:300米ドル
PayPal:50米ドル

上記お支払い最低金額を下回る収益額の繰越期間については、6ヶ月と定め
させていただいております。

なお、銀行振込の場合、振込手数料はお客様負担とさせていただいており、
支払いは弊社シンガポール本社の取引銀行から実施されます。
そのため、ご利用の金融機関様によりますが、海外送金手数料が数千円程度
かかってしまう場合もあり、お客様へのご負担の面からPayPalでの報酬受取を
お薦めしております。
-----------------------------------------------------------------

PayPalの金額50米ドルを目指すとして、
ええと、1週間の収益が$0.06だったので、

1週間で$0.06、
1ヶ月4週間とすると1ヶ月で$0.24
6ヶ月で$1.44

うーん。
アプリを10個くらい登録して、クリック数が今の10倍になってもまだ足りない。
このまま繰越期間が過ぎて収益が消滅する可能性大です!!!
さようなら、わたしの$0.06 !!!
というわけでInmobiで収益を得られる可能性はだいぶ低いです。


次はFluctについてです。(まだ検証中ですが)

検証期間が短いので何とも言えませんがこんなかんじ。

inmobiflusct002.jpg

まずクリック単価です。
海外でちゃんと表示されているのかまだよくわからないのですが、
現状のわずかな情報だけで判断すると、今のところ1クリック9円とか10円とか、そんな感じみたいです。


「最低支払金額」「繰越期限」についてです。
こちらは噂によると、最低支払金額は1000円、繰越は制限なし、振込手数料無料(Fluctさんの負担)とのこと!
とってもやさしい!
これなら収益が手元に得られる確率はだいぶ高いです!!



ということで、海外向けに公開しているアプリは、徐々にInmobiからFluctに移行していこうと思います。
今後状況が変わることもあると思うので、一応1アプリだけInmobi広告つきのアプリを残しておいて、あとはすべてFluct広告に貼替えることにします。
-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。