スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
--/--/--(--)
スポンサー広告

15-5.Samsung Appsで公開したアプリのスタートダッシュその後

スタートダッシュのその後が皆さん気になるかと思いましたので、ご報告しますね。

1週間で300DLなら1ヶ月で1000DL超え?宣伝も無しに?などという夢のようなことにはもちろんならず、
やはり最初の数日がやはり集中的にDL数が上がりました。
その後はものすごい勢いで下がっています。
こんな感じです。

samsung09000.jpg

それにしたってGooglePlay、Tapnow、Amazonでの最初の1ヶ月で、「宣伝していないアプリ」が稼げた数字と比較すると多いです。
過去のDL数などはこちらのカテゴリで公開しています。


前回の記事でもお伝えしましたが、カテゴリごとの「新着」という表示部分があるので、そこにもれなく載せてもらえるため、そこにいる間だけ多少注目されるという仕組みです。
パソコンの画面だとこんな感じです。

samsung09001.jpg

私の登録したアプリは、カテゴリのキッズ-Playの新着タブで、今は2ページ目あたりに表示されています。
新着順に載っているので、日に日にどんどん繰り下がって目立たなくなり、それに伴って確かにDL数がどんどん下がっています。

Tapnowも新着欄には表示されますが、ユーザー数が桁違いだと思うので、その差が出てますね。
GooglePlayやAmazonの新着欄は、「新しく登録されたアプリのうち、人気のあるアプリ」しか載りません。
というわけで、アプリの公開先(マーケット)に迷ってるみなさん、スタートダッシュ狙いならSamsungです!
「まずはGooglePlay、その後他のマーケット」というモデルが一般的だとは思いますが、モノによってはSamsungで始めるものありかもしれないですね。
GooglePlayはデベロッパー登録料がかかるので。
ただ広告の種類や業者によっては、GooglePlayに公開のアプリしか広告載せられない場合があるのでご注意を。


引き続き、「Monaca開発アプリに海外向け広告載せる」ということをやろうとして、調査や組み込みを試したりしているのですが、なかなかうまくいっていません。
うまくいったらまた記事を書きますね。

新作アプリも今月中もしくは来月中リリースを目標に頑張っています。
-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

15-4.Samsung Appsで公開したアプリがスタートダッシュ好調ですが!

Samsung Appsで公開というカテゴリで記事を書いてきました。

ええと、
■今私の作っているアプリはnendの広告(国内のみ広告を配信)をつけているので、海外でダウンロードされても1円にもならないという状況である。
■アプリの登録が面倒だった(入力すべき項目が多い。審査でひっかかってやり直したりしたので大変だった)
という理由から、とりあえず1アプリ公開してみたけど、今後利用する気はあまりないよ、って方針でした。


しかしながら、結構な集客力を見せているので、ちょっと考え直します。
ものの1週間で、295DLになりました。
わー!

samsun9999.jpg

とくに宣伝もせず。
たいしたことのないアプリで(以前のキャンペーン用の数稼ぎで作ったもの)。
変な英訳で(Google翻訳様に頼っています)。
説明文は変な英語、スクリーンショットは日本語、アプリを起動したら英語っていうわけわかんない状況で(審査に落ちていろいろいじってるうちにこうなっちゃいました)

これまで各種マーケットでアプリを公開してきましたが、
GooglePlayストアで公開
Tapnowで公開
Amazonアプリストアで公開

一番スタートダッシュがいいです。
なにこれ。
サムスン端末のシェアすげーな、おい。
DLされた理由としては、カテゴリごとの新着欄があって、登録して少しの間、そこに表示されます。
それが大きいと思うので、スタートダッシュ以降はガクッと落ちる可能性がありますが、集客力は一番いいので、海外向けにアプリを普及させたい人にはとってもとってもおすすめです。
むしろGooglePlayをすっとばしてサムスンというビジネスモデルもアリな気がします。

「海外向けにアプリを普及させたい人には」といいました。
日本人のDL数は0でした。ふふふ・・・。
なのでnend広告をつけた私のアプリは1円の儲けも出ません。
ただ、お試し結果としてはわかりやすかったので、今後の方向性が少し見えてきました。


とにかくやりたいことは「海外向けの広告をつける」ことですね。
ただ、以前からMonaca開発のアプリで海外向けの広告をつけられるアドネットワークをいろいろ調査しているのですが(ユーザー登録をして、実際に組み込んでみたり)、どうもうまくいかないんですよね。
うーん。引き続き調査を進めます。

うまくいったら、複数のアプリに広告をつけて、Samsung Appsで公開して収入が得られそうか、ということでやってみたいと思います。
-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村

15-3.Samsung Appsでアプリを公開できました

さて、無事アプリの情報を登録ができました。
ここから公開まで結構時間がかかりました。
まず審査自体が結構長いです。

1度審査に落ちてやり直してるので最短が何日なのかわかりませんが、
最初にアプリの情報を登録してから審査に落ちましたって
連絡が来るまでで10日くらいかかっています。
こちらで情報を修正して再審査をして公開されたのがさらに10日かかりました。

審査の状況はざっくりとですが画面で確認できます。

こんな感じでステータスが見れます。
最初はこうで、
samsung017.jpg

こんな感じになって、
samsung018.jpg

こうなって
samsung019.jpg

無事に「On sale」になりました。
samsung021.jpg
samsung020.jpg

公開ページはこんな感じです。
samsung022.jpg

公開URLはこちらです。
http://apps.samsung.com/mercury/topApps/topAppsDetail.as?productId=000000660779

さっきも書きましたが、一度審査が通らなくて戻ってきています。
駄目だった理由が詳しく書いてなくて、「基準に沿ってないので資料を見て登録しなおしてね」
くらいのざっくりした理由だったので、悩みました。

前回の記事でも書きましたが、英語で登録しなきゃいけないどこかの項目(複数かも)が日本語になってたっぽかったのが悪かったと思うのですが、それが特定できなかったので(特定するのが面倒だったので)あちこち一気に英語に直してみました。
そしたら審査に通ったので、結局どの項目がいけなかったのがわかりませんでした。

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村

15-2.Samsung Appsにアプリを登録

さて、ユーザ登録がおわったのでアプリを登録します。

ユーザ登録が終わると「+Add Free Application」というボタンが押せるようになったので押します。
こちらの画面になります。
「Add New Application」というページの「Basic Infomation」というところです。
アプリ名やOSの情報などを入力します。

samsung012.jpg

右上に「Information for the application must be written in English.」と書いてあります。
情報は英語で書いてねーってことらしいです。
なので「審査の人が読むところは英語、アプリの公開ページに載ると思われる部分は日本語(日本人向けに公開したいので)」で書いてみたんですが、どっか1箇所(もしくは数箇所)英語で書くべきところを日本語で書いてしまったようで、審査落ちしました。
どこが該当箇所かわからなくて、その後、修正時に、面倒なので全部英語にしちゃいました。
なので日本人向けなのに英語で公開っていう意味わかんない状態で公開することに・・・。
直したいけど、面倒なのでそのまま放置してあります。気が向いたらそのうち。


「Binary Upload」というボタンを押すと、このようなダイアログが出ます。
解像度などを入力。
samsung013.jpg

そしてapkファイルをアップロードしてみたんですが、ファイルを選択したらこんなWarningエラーが出ちゃいました。
samsung014.jpg
ファイル名にアンダースコア「_」は使っちゃだめってことみたいです。
Monacaでビルドすると「20130914085733-MonacaActivity-release.apk」な感じのファイル名でapkファイルが作成されるため、これまでずっと、どこのマーケットでもそのままの名前でアップロードできていましたが、サムスンストアはだめみたいですね。
リネームするだけですが。

無事にapkファイルをアップロードしたら、次は「Display Information」というページです。
アプリの公開ページに載る情報を淡々と入力します。
samsung015.jpg

「Basic Infomation」「Display Information」双方なんだか項目がやらたと多かった印象です。
一度審査に落ちて再度見直したりしたからそう思うのかもしれませんが、
GooglePlayやAmazonアプリストアでは入力したことのない選択肢や入力値でいちいち翻訳サイトとかを使ったので非常に疲れました。


必須項目だけでも全部埋めるぜ!ということでなんとか
「Application registration has been completed.」
と表示されました。
その後審査に入るようです。
samsung016.jpg

01.Pre Review
02.Content Review
03.Device test
04.Confirmation

と書いてありますね。
しっかり審査されるようでドキドキです。

続きは次回の記事に記載します。
-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村

15-1.Samsung Appsにデベロッパー登録

これまで、作成したAndroidアプリをいろんなところで公開してきました。
各カテゴリで登録方法などを説明しています。
GooglePlayストアで公開
Tapnowで公開
Amazonアプリストアで公開

次はSamsung Apps(サムスンアプリストア)というマーケットで公開してみます。
Samsung Appsに登録する利点としてはサムスン製のスマートフォン、タブレットでプリインストールされているマーケットなため、それらのユーザを取り込める点だと思います。
といってもGooglePlayストアも使えるので、サムスン製端末だからといってサムスンマーケットを必ず使っているわけではないです。
Samsung製の端末は世界的にみても結構なシェアを占めているそうで、海外向けにアプリを公開するならなかなかDL数が伸びるとの噂です。
ものによりけりだとは思いますが、GooglePlayよりDL数が大幅に多いという場合もあるようです。


私のアプリは今のところ広告(nend)が日本国内のみに対応なので、海外に進出してもあまり意味が無いので、今回は「とりあえず登録作業を試してみる」程度にしておきます。
(今後DL数がおそろしく伸びたりしたらまた考えますが)


というのも、1つだけアプリを登録してみたのですが、審査で落ちて戻ってきて再審査に出したりして、結構大変だったので、そのほかの全部のアプリを登録するという作業が面倒になったためです。

なんだか登録するのに、入力する項目やしなきゃいけない作業がやたら多いんですよね。(気のせい?)
英語なだけで私にとっては結構大変なんですが、さらに入力や作業が多くって疲れました。
Amazonアプリストアも英語ですが、そっちはそんな苦にならなかったんですけど。

というわけで、ひとつのアプリだけ無事公開にいたりました、ということをご参考までに記事にさせていただきます。


さて、ではデベロッパー登録からです。

こちらのURL:http://seller.samsungapps.com/
からSamsung Apps Seller Officeというアプリ登録者のページにアクセスします。
先ほども書きましたがデベロッパー用ページは英語です。
言語の切り替え機能がありますが、中国語と韓国語と英語とスペイン語のみです。
(アプリの利用者側のページは日本語でも表示できます。)

右上の「Join Now」をクリックします。

samsung001.jpg

こんなページが開きます。
下のほうの「seller type」を選びます。
個人か企業かということですね。
samsung002.jpg

次はこんな画面。
モバイルアプリを公開するので「Mobile Seller」を選択します。
samsung003.jpg

下へスクロールすると「Basic Information」という部分。
名前や住所などを登録します。
samsung004.jpg

その次が「Information for Seller Page」これは登録者の情報が載るページの構成ですね。
アプリの公開ページには、アプリの製作者の名前が表示されて、そこをクリックすると表示されるページのことです。
samsung005.jpg

次は「Samsung Apps Seller Office Terms of Use / Privacy Policy」というページ。
プライバシーポリシーに同意する、的なところにチェック。
samsung006.jpg

こちらも同様に同意するよ的なところにチェック。
samsung007.jpg

「Welcome to Samsung Apps.」と出ました!
ウェルカムだそうです。
samsung008.jpg

登録したメールアドレスにこのようなメールが届きます。
URLをクリックします。
samsung009.jpg

開いた画面から、先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力して「Log In」ボタン。
samsung010.jpg

「Congratulations on becoming a Seller Office member!」という画面になりました。
無事にデベロッパー登録できたようです。

「+Add Free Application」というボタンがあるので早速アプリが登録できる状態になりました。
samsung011.jpg

次回はアプリの登録方法の記事を書きますね。
-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。