スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
--/--/--(--)
スポンサー広告

13-3.正式版Monacaが便利!デバッガにスクリーンショット機能

9月12日に正式版がリリースされた「Monaca」を引き続き、いろいろ動かしてみてます。
新しく追加された機能で(無料プランであっても)大変便利になったなーと思った機能が「スクリーンショットを取得する機能」です。

GooglePlayマーケットでもどこでも、アプリを公開するときにはアプリを起動した画面のスクリーンショットが必要になります。
私のデバッグで使っているタブレットはスクリーンショットを取得する機能が無くて、結構苦労していました。スクリーンショットをとるアプリを入れても、ルート化とかしなきゃいけなかったり。
スクリーンショットの取得できる端末で作業している人も、スクリーン実機で撮って、メールでパソコンに送ってとかなんとかきっと面倒だったに違いない。うん。
それがデバッグついでにできるようになっちゃいますよーというわけです。

コーディング中のプロジェクトをMonacaデバッガーで実機デバッグしているときに表示されるアイコンに、このようなマークが増えました。
これをタップすると実行中の画面のスクリーンショットが取得されます。
取得したら「アップロード」というボタンを押します。

newmonaca20002.jpg

次に、パソコン側のMonacaのヘッダーの「チーム」というボタンを押すと、このように右側に「チームメンバー」という画面が開いて、ここの先ほど実機でアップロードした画像ファイルのリンクが表示されます。

newmonaca20001.jpg

リンクをクリックしてスクリーンショットの画像ファイルを取得できます。
あら簡単!
デバッグしながらなので、例えばゲームアプリなんかだと、しっかりゲームをやりこんで最後のほうにしか出てこないような画面のスクリーンショットも、テストコードを入れ込んだりして、ささっと取得できちゃいます。
大変便利になりました。
ありがたや、ありがたや。
-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

13-2.正式版Monacaの無料プランを使い倒す!インポート・エクスポート機能

9月12日に正式版がリリースされた「Monaca」。
無料のベーシックプランでは「1日ビルドが3回まで」というのが厳しいかな、と前回の記事でも書きました。
インポート・エクスポートを使うことで、そこになんとか抜け道(?)があるのかなーとちょっとお試し。
これが使い方的にルール違反なのか、ルールの範囲内なのかはちょっとわからないので自己責任でお願いします。

「インポート・エクスポート機能」、これ正式版で新しくできた機能なのか、前からあったけど私が気づかなかったのか、ちょっとわからないのですが、ここでご紹介。

ええと、メールアドレスさえあれば、アカウントが複数取れると思うので、フリーメールなどでアカウントをもう1つとっていただいて、ビルドが上限に達してしまったプロジェクトをエクスポートします。

IDEでエクスポートしたいプロジェクトを開き、左上の「編集」ボタンから「エクスポート」を選択します。
newmonaca201.jpg

「プロジェクトのエクスポート」という画面になるので、プラットフォームを選択、タイトルなどを入力し、「エクスポートを実行する」をクリックします。
newmonaca202.jpg

こんなダイアログが出ました。
newmonaca203.jpg

「ダウンロード」をクリックすると「project.zip」というファイルがダウンロードできました。
次にいったんログアウトして、新しく作ったアカウントでログイン。
ダッシュボードのページで「+新しいプロジェクト」をクリック。
newmonaca204.jpg

おなじみスケルトン選択の画面です。
ここで「プロジェクトをインポート」を選択します。
newmonaca205.jpg

「プロジェクトのパッケージをアップロード」を選択します。
newmonaca206.jpg

ここで、先ほどエクスポートした「project.zip」というファイルを選択し、「アップロード」ボタンを押します。
newmonaca207.jpg

「プロジェクトの作成」画面が出てきました。
これで「プロジェクトを作成する」を押します。
newmonaca208.jpg

プロジェクトができました。起動してみましょう。
newmonaca209.jpg

プロジェクトが別アカウントに移行できました。
newmonaca210.jpg

この方法を使えば、ビルド上限に達してしまったとき、別アカウントでさらに3回までビルドできるのではないかなーと思っています。
ビルド上限数は試してないですが、違うアカウントにエクスポートできることは確認しました。

先ほども書きましたが、これが使い方的にアリなのか、ルールの違反的なものになるのかはちょっとわからないので、ご利用の際は自己責任でお願いします。

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村

13-1.「Monaca」正式版リリース・無料じゃなくなる部分は?

9月12日に「Monaca」の正式版がリリースされました。
今までのはベータ版だったのです。

さて、何が変わったのか、ちょっと動かしてみます。
ダッシュボードのページです。
newmonaca001.jpg

右のほうに「アップグレード」ボタンと現在のプランの記載がありますね。
ベータ版から使ってた人は勝手に無料のベーシック(Basic)プランとなっています。

料金プランはこんな感じ。
newmonaca002.jpg

まぁこんな便利なツールいつまでも全て無料で提供はできないだろうとは思っていましたが、
よりビジネスに適した形になったということですね。
個人利用中心だったのが企業での利用も増えていく感じでしょうか。

金額的に、私の場合、今アプリの収入が月に3000円前後を目標として動いている(8月の収入はこんな感じ)ので、出せてもパーソナル(Personal)プランです。

詳細はこんな感じです。
newmonaca003.jpg

もちろん無料で行きたいのですが、厳しいのがビルドできるのが1日3回というところ。
デバッガーで実機確認できる箇所はいいとして、パーミッションの変更がちゃんと反映されているかどうかはビルドしてみないとわからないんですよね。
あと、私がよくやるのが、「さーてできたできた」とビルドしてGooglePlayにアップロードという段階で「バージョン番号が前のままだからバージョンアップできまーせん」って言われて、「あ、バージョン番号変えるの忘れてビルドしてた」って気づくやつです。

うーんビルド3回は少ない。

あとはサポートが有償ってのも緊張します。
今まで数回サポートに質問を投げてますが、今回も正式版リリース後にちょっとトラブルがあって問い合わせたら「技術的なサポートは有償でーす」って返ってきてしょんぼり。
「こういう機能どーやって実装すんのかなー?」とかそういう個人的な質問ではなく、「ベータ版で動いてたプロジェクトが、正式版で動かしたらエラー出てます」っていう内容の質問だったんですよね。
それを「技術的なサポートは有償」ってことなんで・・・。

というわけで、ベーシックプランだとサポート面で今後がちょっと心配。

うーん。
「今まで無料だった機能は今後も基本的に無料で使えるからねー」ってのは言いすぎですね。


あと、サポートっていう意味でメールでの技術的な問い合わせは有償ですが、フォーラムというページがあって、掲示板的なところで質問はできます。
今のところ「モナカマン」と名乗るMonacaサポート担当の人が結構丁寧に答えてくれています。
全員分丁寧に回答できるのは、まだ質問者の人数が少ないからできることだと思うので、正式版リリースに伴うトラブルは、早いうちにモナカマンに聞いたほうがいいと思います。
がんばれモナカマン!
モナカマン・ブラックとかなっているので、ブルーとかイエローとかも出てくるのかも。


さーて、正式版Monacaで新しくプロジェクトを作成してみましょう。
基本的な使い方は同じです。
ダッシュボードのページから「+新しいプロジェクト」ボタンを押すと、スケルトンのページが出てきます。
newmonaca004.jpg

テンプレートが増えていますね。

newmonaca005.jpg

「HTML5 Mobile UIフレームワーク」のリリースが結構今回のリリースでも大きいところみたいなのでちょっとみてみましょうか。

newmonaca006.jpg

「Onsen UIスライドメニュー」を選択してみました。

newmonaca007.jpg

IDE画面を開きます。
上のほうに「チーム」というボタンが追加されていますね。
複数人でプロジェクトを共有して使うことができるようになっています。
確かに企業で利用する前提として、これが必要でしたよねー。

プレビューしてみますね。

newmonaca008.jpg

ボタンを押して画面の切り替えをしてみました。

newmonaca009.jpg

ニューっと横からスライドされて次のページが出てきました。
プレビューは地味ですが、実機で見ると、もうちょっとかっこいいです。
ふむふむ。これがその「シンプルコードで洗練したUI表現が可能」という「HTML5 Mobile UIフレームワーク」とやらなわけですね。


他にも新しい機能をさわってみたらまたご紹介しますね。


プランはどうしようかなー。
たぶん基本は無料のベーシック(Basic)プランで、本当に困ったときだけ1ヶ月間だけとか(できるのかしらないけど)パーソナル(Personal)プランに変更する感じですかね。

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。