スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
--/--/--(--)
スポンサー広告

10-4.アンドロイダー公認アプリに登録されたときの宣伝効果(DL数グラフ)

冷凍できる・できない事典」がアンドロイダー公認アプリになって、一時的にではありますが、ちょっと宣伝効果があったようなので、ご紹介しますね。

アンドロイダーのトップページの一番上に最初の数日だけ「新着公認アプリ」として載るんですよね。
なのでその数日の宣伝効果が大きいみたいです。

もともとそこそこ利用者のあるアプリであればたいしたことないのかもしれませんが、「冷凍できる・できない事典」はあまり宣伝をしていなかったのもあり、ずっと利用者は少なかったため、効果っぽいものがうっすら見られました。

インストール数のグラフで言うとこんな感じです。
ね、最後のほう、ちょっとグラフの傾きがいい感じに増えてますよね?

roider007.jpg

広告のインプレッション数(広告を表示した回数)もこんな感じ。
8/22(アンドロイダー公認アプリになった日)にピョコッと一時的に増えています。
(8/24は下がったわけでなく、未集計なだけです)

roider006.jpg

というわけで結論としては、私のような始めたばかりの弱小アプリ開発者にとっては、結構いいプロモーション活動になるということがわかります。

-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

10-3.「冷凍できる・できない事典」がアンドロイダー公認アプリになりました!

冷凍できる・できない事典」がアンドロイダー公認アプリになりました!
公開されているのは以下のURLです。
https://androider.jp/official/app/4f0d443d2994776d/

結構時間がかかったのでどのくらいかかったか、参考までに日付を記載しますね。


1.アプリ(apkファイルとアプリの情報)を登録し、「候補アプリ」となる。【2013/8/2】


2.パーミッションチェックでひっかかったらしく、アンドロイダーからメールが来る。
  このメールで「パーミッションチェックされてるの?」と気づいて
  アプリ登録ページからステータスを確認すると、
  「公認準備中アプリ」となっている。【2013/8/7】


3.パーミッションに問題があった箇所を修正してビルドしなおす。(新たにapkファイルを作成)
  アプリのバージョンアップを行う。【2013/8/7】
  

4.アンドロイダーから「セキュリティのチェックが終わった」という内容メールが来る。
  メールに書いてある手続きを済ませる。
  晴れて公認アプリ?と思ったらまだ「公認準備中アプリ」だった。【2013/8/8】


5.アンドロイダーから「公認アプリに選ばれました!」というメールが来る。
 アプリ登録ページで確認、「公認アプリ」になっていた。わーい!【2013/8/22】

roider004.jpg
roider005.jpg



という感じで、だいぶ待ちましたね。


まず2.について。
私はパーミッション設定に問題があって、(私の場合はAndroidmanifest.xmlの記載ミスでした)メールが来たけど、特に問題ない人は「候補アプリ」から「公認準備中アプリ」に変わるタイミングは不明で終わると思います。
毎日アンドロイダーのデベロッパーページにログインして見に行ってもいいけど・・・。

ちなみに他の2アプリ「トイトレくまちゃん」「いやいや期物語」は隊員さんのお眼鏡にかなわなかったらしく、未だ「候補アプリ」のままです。
このふたつは「冷凍できる・できない事典」より前に【2013/7/31】に登録したので、完全に追い越された感じです。
試してもらってすらないのか、試したけど評価されなかったのかは不明。
このまま待ってたらいつか公認されるか、何してもこのままなのかも予想不可能ですね。
うーむ。


それから4.について。
セキュリティのチェックが終わったよってメールが来たからもう公認になるのかと思いましたが
なんだか知らないけどここからが長かったんですよね。

前回も少し書きましたが行列待ちのような時間がありました。
おそらく想像ですが、一日に公認できる最大数が決まってるようです。
どんどん「新着公認アプリ」のところは更新されているけど、私のアプリは出てこないという状況。
見た感じ先着順ともちょっと違うような気がしました。
推薦が多いアプリ優先かな?


というわけでこれからアンドロイダーを利用する人は気長に気長に、そして推薦されない可能性もあるのでガッカリしないようにあまり期待せず、という感じで挑んでくださいね。


さて、集客パワーはどうなんでしょう。
とりあえず、公認されただけで新着アプリをつぶやくアカウントがツイッターでつぶやいてくれたりしてますので、多少は期待できるのかもしれません。
-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村

10-2.アンドロイダーにアプリを登録

さて、公認デベロッパーになったので、次はアプリを公認してもらうべく、がんばりました。

公認デベロッパーは身分証明ができれば誰でもなれますが、公認アプリはセキュリティ面で安心なことに加えて、ある程度の質も問われるため、全部が全部公認してもらえるわけではありません。
こちらも大変時間がかかりました。


おおまかな流れはこんな感じです。


1.公認デベロッパー専用ページから、アプリ(apkファイルとアプリの情報)を登録する。
  登録されたアプリは「候補アプリ」というステータスになる。
  候補アプリは隊員(アプリを評価する人たち)にのみ公開される。


2.隊員から投票されるのを待つ。
  ここで投票されなければおしまいです。
  複数の隊員から「これは公認に値する価値がある」と推薦してもらわなければいけません。
  隊員は登録した一般ユーザ(デベロッパーとは別の登録)と
  (たぶん)アンドロイダーの運営スタッフのかたがたです。
  ジャンルや好みにある程度偏りはあるかもしれません。
  推薦されやすいジャンルとかがあるかも、ということです。
  まぁ人間が評価するのだから仕方ないですよね。


3.決まった数投票されるとステータスが「候補アプリ」から「公認準備中アプリ」に変わります。
  ここからセキュリティのチェックが始まります。
  アンドロイダーの運営スタッフがウィルスチェックやパーミッションチェックをします。


4.セキュリティチェックが終わると、ここでなんだか行列待ちのような時間がありました。
  おそらくですが一日に公認できる最大数が決まってるようで、
  先着順ともちょっと違うような気がしました。
  推薦が多いアプリ優先かな?


5.順番が回ってくると晴れて「公認アプリ」になります。
  公認アプリになると一般に公開されます。
  そこそこ集客も見込めるとの噂です。


なかなか先は長そうですね。
私の作ったアプリの中で、そこそこマシ、推薦してもらえそうな以下の3アプリを登録することにしました。

トイトレくまちゃん
いやいや期物語
冷凍できる・できない事典



公認デベロッパー専用ページの「アプリを登録」ボタンから早速登録します。
roider002.jpg

専用ページではデベロッパーの情報も編集可能です。
roider003.jpg

アプリの登録方法など、全体の詳しい流れはこちらのページを参照ください。

そしてここからが長かったです。
続きは次回。
-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村

10-1.アンドロイダーの公認デベロッパーに登録

アンドロイダー公認デベロッパーになりました。
あんどろいだー001


以前の記事で『一般的にスマホアプリのプロモーション活動としては、「アプリの情報サイトに紹介してもらう」という方法があるらしいので、そういうところにレビュー依頼をしてみることにします。』
ということを記載しました。

いくつか依頼はしてみてるんですが、各サイトによって手続きが違ったり、全然掲載されなかったりで、なんとなく停滞していましたが、ちょっと進展があったので、ご紹介しておきますね。



アンドロイドアプリ情報サイト[アンドロイダー]というサイトがあります。

こちらのサイトはただアプリを紹介やレビューするだけではなく、アプリに対する「ある一定レベルのセキュリティを保証する」という点が特徴的です。

残念ながら「悪意のあるアプリ」ってのがネット上には存在してまして、GooglePlayの公認のアプリで、さらにたくさんのユーザが使っているような「一見信用できそうなアプリ」でも、実は裏で個人情報を抜いていたとか、ウィルスをばらまいていたなどの事例もあります。
最近のニュースなどでもときどき話題になっていますよね。
そういった背景から、特にリリースしたばかりのアプリ、実績がない開発者のアプリ(まさに私のことですよ!)なんかは「良さそうなアプリだな」と思っても、「怪しいかも?」という気持ちが出てきてユーザさんはなかなか安心して利用できないものです。


アンドロイダーさんでは

・アプリ(apkファイル)のウイルスチェックとパーミッションチェックを行う。
・開発者の存在確認、身元確認を行う。

の2点を行うことで、アプリの「一定レベルの安全性」を確保しているわけなのです。

なので
ユーザーの立場としては安心してアプリを使える、最新のアプリ情報も得られる。
開発者の立場としては自分や自分のアプリが怪しくないことを保証してもらえる、ついでに宣伝にもなる。
といういいこといっぱいのサイトです。


あとは安全性だけでなく、評価する立場の人が「このアプリ使える!」「このアプリ面白い!」と思ったものだけを「公認アプリ」とするため、レベルの低いアプリもある程度は弾かれる感じです。

こりゃ登録しない手はないですよね。




まずは「公認デベロッパー」として認めてもらう(=この開発者さんは怪しくないよ)手続きから。

手続きはこちらのページから行えます。
登録方法もこちらのページにとっても詳しく書いてあります。


これがまた、郵送とかが間にはいるので、結構時間がかかりました。
それだけしっかり身元確認をしているということなんですけどね。
ざっくりした手続き方法と、待ち時間などがどのくらいかかったか目安(日付)を書いておきますね。


1.申請フォームに必要事項を入力して送信【2013年07月24日】

2.「仮申請のお知らせ」のメールが届くので、そのURLをクリック【2013年07月24日】

3.郵送で申込書が届く【2013年07月30日】

4.届いた申込書に記入し、申込書と本人確認書類(免許書)をデジカメで撮影し(FAXや郵送などでもOK)、メールで送付【2013年07月31日早朝】

5.本人確認の電話がかかってくるが仕事中で出れず【2013年07月31日夕方】

6.本人確認の電話を折り返しかけ直す!【2013年07月31日夕方】

7.「公認デベロッパー"登録完了のお知らせ」のメールが届く【2013年07月31日夜】


ここまでやると公認デベロッパー専用「アプリ管理ページ」からアプリを登録することができるようになります。
そして「この人は公認デベロッパーです」というページができるので、このURLを貼ることでブログなどで「私怪しくないよ」アピールをすることもできます。
なのでさっさと手続きを進めたい人は、郵送書類が届いたらすぐ送り返す!電話に出れるようにしておく!のあたりを頑張ってください。


さて、晴れて公認デベロッパーになりました!
みなさん!私、怪しいものではありませんよ!
こちらのページでご確認いただけまーす!
https://androider.jp/developer/2e7ef004531c888c18077ad814046801/

あんどろいだー001



さて、このあとアプリを公認してもらうべく奮闘して、こっちもまたやたら時間がかかったのですが、また次回ご紹介しますね。
-----------------------------------

-----------------------------------
応援はこちらのクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。